デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 パース基礎
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 アニメ
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 髙野正道教員

学習目標(到達目標) グラフィック(CG含む)、アニメーション美術、原画・作画(アニメーション背景パース、原画・レイアウト、作画パース)、建築パース、他あらゆるカテゴリーにおいて、それらの基礎となるパースを修得する
授業概要(教育目的) ・手書きのデッサンから、パースの取り方を理解する。
・パース法(1点透視・2点透視・3点透視)の特性を理解できるようになる。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 各回の内容は授業初回に説明

・パース法(1点透視・2点透視・3点透視)
・空間を形に
・アイレベル
・レイアウト
授業形式 パースの手法を解説し、課題を作図する。
成績評価方法・基準 平常点30% 各回の課題評価 70%
テキスト(教科書) ・大きめの三角定規 
・30cm定規
・鉛筆(H~2Bまで 適宜)
・消しゴム
期末試験の内容(提出方法・実施日) 各回の課題を評価するため期末の試験は実施しない。
履修条件および学生へのメッセージ 頭の中にあるものを 立体的にアウトプットするために必要な基礎知識となります。
グラフィクス・アニメなどでのダイナミックな表現も、パースの基礎知識がなければ平面的な絵になってしまいます。 表現の幅を広げるためにもパースの基礎を身につけましょう。