デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 キャラクターデザイン演習Ⅱ
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 アニメ
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
講師◎ 竹内一義教員

学習目標(到達目標) ・Ⅱの授業ではは実際の作品を想定し、実践的なキャラクターを作りキャラ表を作り上げるまでを
 目標とする。(実践編)     
授業概要(教育目的) 基礎的な人物の描き方を様々な角度から学習し、実践の場で応用できるキャラクターを
作り上げることを目的とする。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) キャラクターデザイン1で学んだことを元に実践的なキャラクターを作り上げる。
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回ストーリーと登場人物物語と連動して登場人物を作り上げる。
(作業)文章であらすじと登場人物を説明する
第2回主人公を作る第2回をふまえて、主人公を絵にする。
(集中作業)
第3回動きと表情第3回で作ったキャラクターに動きと表情をつける。
(集中作業)
第4回アイテム小物、ペット、メカについて学ぶ。
(集中作業)
第5回仲間、敵を作る第5回で学習したことを応用してキャラクターを作る。
(集中作業)
第6回キャラの絡み複数のキャラクターを組み合わせて場面を作る。
(集中作業)
第7回三面図と表情集実際のキャラ表に必要とされることを学習する。
(集中作業)
第8回キャラ表・対比表実際にキャラ表を描いてみる。 ※課題提出「キャラ表と対比表を仕上げる
(集中作業)   
授業形式 ・Ⅱの授業の実践編では、集中作業が中心。教室をまわって個人アドバイス。
成績評価方法・基準 課題100%
参考文献 「人体デッサン技法」 (ジャック・ハム)
「動物の描き方」 (K・ハミルトン)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 課題提出を評価
履修条件および学生へのメッセージ 「作画演習Ⅰ・Ⅱ」の単位修得者のみ履修可能とする。