デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 キャラクターデザイン演習Ⅰ
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 アニメ
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
講師◎ 竹内一義教員

学習目標(到達目標) ・Ⅰの授業では、基礎的な人物の描き方を、ムーヴマン(動勢)、骨格と筋肉、着衣、パースなど
 様々な視点を通じて習得する。(基礎編)
授業概要(教育目的) 基礎的な人物の描き方を様々な角度から学習し、実践の場で応用できるキャラクターを
作り上げることを目的とする。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 講義と問題を交互に行い段階的に基礎を学ぶ。
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回ムーヴマン(動勢)自己紹介、講義概要、ムーヴマンの重要性。
(作業)単純な像で人物を描く
第2回骨格と筋肉骨格と筋肉で人物をとらえる方法を学習する。
(作業)第1回で行った作業に骨と筋肉で肉付けする
第3回男性と女性の違い骨格と筋肉で男性と女性を描き分ける。
(作業)主に女性を数ポーズ描く
第4回着衣服のしわの寄り方や素材による違いを学習する。
(作業)着衣の人物を数ポーズ描く  ※課題提出「着衣の男女」
第5回バリエーション太った人、やせた人、子供、老人などバリエーションを学ぶ。
(作業)色々なタイプの人物を描く
第6回動物人間との共通点を通して動物の描き方を学ぶ。
(作業)動物の様々なポーズ、マンガ的表現
第7回人物画の為のパース講座人物を描く際のパースの重要性を学習する。
(作業)立方体と円柱で物をとらえる
第8回カメラレンズとアングル広角と望遠の違いと、その演出上の使い方。  
(作業)広角と望遠で人物や物体を描き分ける 
(宿題)2期の為に物語と登場人物を考えておく  ※課題提出「広角と望遠で人物を描く」
授業形式 ・Ⅰの授業は基礎編なので講義が中心。作業は問題形式が中心。
成績評価方法・基準 課題100%
参考文献 「人体デッサン技法」 (ジャック・ハム)
「動物の描き方」 (K・ハミルトン)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 課題提出を評価
履修条件および学生へのメッセージ 「作画演習Ⅰ・Ⅱ」の単位修得者のみ履修可能とする。