デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 作画演習Ⅰ
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 アニメ
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 福井智子教員

学習目標(到達目標) ・ 画力よりも動画の理解度を重視
・ 限られた時間数の中で課題をこなす集中力を養う
・ 2次元である絵を立体として捕え作画するには、物理の知識や広い視野が必要となる
授業概要(教育目的) ・ アニメーションの基礎知識を身につける
・ 作画(動画)する思考を養う
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) レベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード

アニメーション作画
動画

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

アニメート(作画)力  初級
観察、洞察力      初級
授業計画表
作画とは。  
内容
第1回・作画演習Ⅰ すべてのアニメーションの授業でのクロッキー帳の使い方
・アニメーションワークフロー
・揃える用具の説明(A4クロッキー帳、筆記用具持参)
第2回・映像鑑賞
・作画について レイアウト・タイムシートの重要性
・タイムシートの読み方書き方(動画篇/原画篇)
・動かす(作画のための)考え方とその準備
第3回課題「振り向き」 動かすポイントと実践
第4回前回の続きと課題提出
第5回課題「旗」動かすポイントと実践
第6回前回の続きと課題提出
第7回課題「立ち上がる」動かすポイントと実践
第8回前回の続きと課題提出
成績評価方法・基準 ・課題100%
・ 授業内で課題を提出するには出席率80%~100%が必至。(毎回口頭での出欠席の確認あり)
 ほぼ毎回課題説明と課題提出があります。授業には必ず出席してください。
参考文献 「アニメーションの基礎知識大百科」
/神村幸子(グラフィック社・\2,800・978-4-7661-2060-8)
「増補 アニメーターズ・サバイバルキット」
/リチャード・ウィリアムズ(グラフィック社・\4,800・978-4-7661-2196-4)
「アニメーションの本」
/アニメ6人の会(合同出版社・\1,800・4-7726-0079-5)
「アニメスタジオテクニック ~RETAS STUDIOで学ぶアニメの作り方~」
/株式会社ボーンデジタル/著者:与澤桂子、富沢信雄、伊東耕平、大塚康生、竹内孝次/6,480円(税込8%)/ISBN:978-4-86246-114-8
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・期末試験は行わず、授業内で課される3つ全ての課題の提出が必須となる。
・提出方法 基本的に講師に授業時間内に提出
履修条件および学生へのメッセージ ・「基礎ツール演習Ⅰ」を修得していること
・ 演習初回から、A4サイズのクロッキー帳と筆記用具を絶対持参の事。
・ 第2回目以降は第1回目の授業での説明・指導に従って、動画演習に必要な道具を購入し、持参する事。(購入費用の目安:約2万円~4万円)
・ 購入する道具の中でトレス台(ライトボックス)が最も高価ですが、すでに所有している場合はそれを持参して下さい。
・毎日絵を描くことができるまたは、毎日絵を書いてうまくなりたいと思い努力できる学生に勧めます。全く絵がかけない学生にはお勧めできません。
・CGの動画制作に無役立つ基本の動きを学びます。

【休講/補講】
10/17(火)休講 →11/21(火)補講