デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 VFX演習Ⅰ
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 木曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 CG
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 小倉以索教員

学習目標(到達目標) VFXとは、VisualEffectsの略である。昨今の映像では、欠かせないこの技術の習得を目標とする演習である。特にVFX1では、実写と実写の合成が出来るようになることを目標とする。
授業概要(教育目的) 本講義では、VFXの基礎ツールであるAfterEffectsの応用として合成を目的とした様々な演習(カメラトラッキング、グリーンバック撮影及び合成、実写と実写の合成、3DCG素材の合成など)を行う。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) AfterEffects
グリーンバック
実写+実写合成
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回イントロダクション、AF復習
カラコレ、カラーマッチ、グレインノイズ
教科書・基礎編1
第2回レンズ収差
トラッキング & スタビライズ
教科書・基礎編2
第3回キーイング
ロトスコープ
教科書・基礎編3
第4回美肌
エレメント別CG素材のコンポジット
教科書・応用編1
第5回空の差し替え & 雲のアニメーション
シネマグラフ
教科書・応用編2
第6回グリーンバック合成
プロジェクションマッピング
教科書・応用編3
第7回課題演習課題演習
第8回最終課題発表最終課題発表
授業形式 AfterEffects演習、撮影演習
成績評価方法・基準 最終課題60%
授業態度40%
テキスト(教科書) AfterEffects Next Level本
テキストISBN番号 発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-267-1
Cコード:C3055
期末試験の内容(提出方法・実施日) 授業最終日に課題提出
履修条件および学生へのメッセージ 【注意】4QのVFX演習Ⅱとセット受講。
(履修時には3Qの科目名でのみ表示、上限単位に気をつけること)

本授業はAfterEffectsがメインであるが、VFX2は3DCGの基礎を学習する。よって、3DCGの演習も履修することは授業内容の重複にので、3DCGとこの授業の履修は勧めない。どうしても、両方の授業を履修したい場合は、「重複する」ことを理解した上で申請すること。



【履修のポイント】
・VFX演習Ⅰ・Ⅱの単位を修得することが【VFX演習Ⅲ・Ⅳ】を履修申請する条件となっているので注意すること