デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 映像撮影演習Ⅲ【課】【セ】
(副題) Ⅲ・Ⅳセット履修、【事前課題】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 3~4
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 池野一成教員

学習目標(到達目標) 「映像撮影演習Ⅲ」は、撮影技法の実際運用の基本と応用を学ぶ。
映像技法の各項目を再確認、認識することにより、技法の根本的な習得と現場での応用を可能にする技術習得を目標とする。
授業概要(教育目的) 「映像撮影演習Ⅲ」でのテーマ課題は、カメラ周辺機器の構造から各機能の理解と応用。
機材を根本的に理解し運用する能力の確認と、現代の周辺機器の機能の習得、と応用。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 発想力         中級
映像表現        中級
撮影          中級
授業計画表
 
担当教員各回タイトル内容
第1回池野一成撮影演習① 講座ガイダンスとスケジュールの確認 
メジャーによるピント決定の基礎
第2回池野一成撮影演習② フォーカス課題の提出確認

音声の収録と音場捜索、モノラルからステレオ、そしてマルチチャンネルへの発展。MAの考え方。
第3回池野一成撮影演習③ 音声課題の提出確認

照明の応用と操作、コントロール。
第4回池野一成撮影演習④照明課題の提出確認

最終課題の取り組み企画
第5回池野一成撮影演習⑤最終撮影課題の取り組み発表

制作の現場から(現在の若手作家の世界)
第6回池野一成撮影演習⑥撮影課題の取り組みの確認

課題撮影編集
第7回池野一成試験各過程を踏まえて確認試験
第8回池野一成講評会最終課題提出

講評会(テスト)。作品の魅力と改善提案を記入
授業形式 基本的に個人での活動、技術習得をメインとする。
成績評価方法・基準 試験     30%
課題評価点  40%
FS提出   30%
居眠り、私語、離席、教員の指示の不履行など、不誠実な授業態度は、授業に参加させない措置を取る場合もある。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 【本試験】 各ステージでの確認課題の提出あり
履修条件および学生へのメッセージ 選抜方法:エントリーシートによる選抜。
※ 経歴やスキルの記入欄は、なければ正直に空欄にすること。
原則:映像撮影演習Ⅱの履修済みで映像撮影演習Ⅳの履修予定を前提とする。
映像撮影演習Ⅲ・Ⅳのシラバスをしっかりと読んで、エントリーシートを記入・提出すること。
◎教科書は特になし
◎重視すること
1、モチベーション(目的意識、本気度)。
「志望動機および志望理由、今期の履修の意思とコンセプト」欄をしっかりと書くこと。
2、日本語コミュニケーション能力(hearing、writing、speaking)
3、礼節、マナー。