デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 映像撮影演習Ⅰ【課】
(副題) ⅠⅡセット履修、【事前課題】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 池野一成教員

学習目標(到達目標) 「 映像撮影演習Ⅰ」は、撮影技法の基礎から実際運用の基本と応用を学ぶ。

映像技法の各項目を再確認、認識することにより、技法の根本的な習得と現場での応用を可能にする技術習得を目標とする。
授業概要(教育目的) 「 映像撮影演習Ⅰ」でのテーマ課題は、カメラの構造から各機能の基本的理解と応用。

機材を根本的に理解し運用する能力の確認と、現代のカメラの機能の習得、と応用。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 発想力         初・中級
映像表現        初・中級
撮影          初・中級
授業計画表
 
担当教員各回タイトル内容
第1回池野一成オリエンテーション 撮影概論、自己紹介
カメラの構造と名称 撮影機材の概念
第2回池野一成撮影演習①フォーカス・ピントの考察 撮影距離と被写界深度
第3回池野一成撮影演習②フォーカス課題 提出 
ズーム・画角の考察 パースペクティブとは 広角レンズと望遠レンズの役割
第4回池野一成撮影演習③ズーミング・パースペクティブの課題 提出
アイリス・ゲイン・シャッターの考察  アイリスと被写界深度 ゲインと画質 シャッターと動き 
第5回池野一成撮影演習④撮影の向こう側 被写体に求められるうそ
第6回池野一成制作準備①アイリス・ゲイン・シャッターの課題 提出
グループの編成とメンバー紹介、企画発表
第7回池野一成撮影演習⑤三脚の使い方・グリップの考察・移動撮影の応用
第8回池野一成制作準備②三脚・グリップの課題 
提出作品制作序章・アイディアだしと撮影の関係
授業形式 基本的に個人での活動、技術習得をメインとする。

映像撮影演習Ⅱに向けてのグループ活動の範囲を加える。
成績評価方法・基準 課題提出点  70 %
ES提出点   30 %

居眠り、私語、離席、教員の指示の不履行など、不誠実な授業態度は、授業に参加させない措置を取る場合もある。
テキスト(教科書) 特になし
期末試験の内容(提出方法・実施日) 特になし
履修条件および学生へのメッセージ 選抜方法:エントリーシートによる選抜。
※ 経歴やスキルの記入欄は、なければ正直に空欄にすること。
原則映像撮影演習Ⅱの履修予定を前提とする。
映像撮影演習Ⅰ・Ⅱシラバスをしっかりと読んで、エントリーシートを記入・提出すること。
◎教科書は特になし
◎重視すること
1、モチベーション(目的意識、本気度)。
「志望動機および志望理由、今期の履修の意思とコンセプト」欄をしっかりと書くこと。
2、日本語コミュニケーション能力(hearing、writing、speaking)
3、礼節、マナー。

※ エントリーシート記入上の注意
映像制作基礎演習ABCDいずれか2科目以上の履修と成績が良以上の学生を対象とする。