デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 映像制作演習応用B
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 小野 光輔教員

学習目標(到達目標) 役割を分担し、企画、撮影、編集と、ひと通りの映像制作を演習形式で体験することで、各種役割や映像制作フローを理解すると同時に、企画開発の重要度を理解する。
授業概要(教育目的) グループを編成。監督(ディレクター)、撮影、照明、録音、助監督(アシスタントディレクター)、制作(プロデューサー)などの役割を決め、各々の役割を理解しながら、グループで1本の映像を制作する。

ひと通りの映像制作フローに則るが、本科目では企画開発に重きを置く。また、専門的な指導において、外部実務家をゲスト講師として招聘する場合もある。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 発想力         中級
企画力         中級
プレゼンテーション力  中級
脚本          中級
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回オリエンテーション・企画①オリエンテーション、講義
第2回企画開発②講義
第3回企画開発③プレゼンテーションおよびディスカッション
第4回企画開発④プレゼンテーションおよびディスカッション
第5回企画開発⑤プレゼンテーションおよびディスカッション
第6回撮影①撮影
第7回撮影②・ポストプロダクション撮影、編集
第8回作品講評会グループごとに発表 教員より講評
授業形式 5~7名のグループワークをメインとする。

企画開発、プリプロダクション、撮影段階までを、グループ単位で実践する。ポストプロダクションにおいては、各学生は所属グループ毎の撮影素材を元に、それぞれが作品を編集⇒完成させる。
成績評価方法・基準 授業点  50 %
講評会での課題提出 50 %
授業各回での取り組み、成果を「授業点」として採点します。他人に迷惑をかけない限り自由な気持ちで授業に参加してください。適度に質問をいただきながら、見識を深めていただきたいです。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 【本試験】
□試験の方法 講評会(B18授業最終回)でのプレゼンテーション
□受験条件 出席率70%以上
□試験実施日 後日決定
□内容 グループで制作した課題のプレゼンテーション・提出

【追試験】※本試験日に公欠と同様の理由により試験を受けられなかった学生が対象となります
□試験の方法 プレゼンテーション
□受験条件 本学の規定する追試対象者
□試験実施日 後日決定
□内容 グループで制作した課題のプレゼンテーション・提出

【再試験】※単位修得まであと一歩の学生に対する再試験です
□試験の方法 プレゼンテーション 
□受験条件 本学の規定する再試対象者
□試験実施日 後日決定
□内容 グループで制作した課題のプレゼンテーション・提出
履修条件および学生へのメッセージ 編集は、各自所有のPCで実施するため、PCにadobe premiere CCを導入していること。

【履修条件】
映像制作演習基礎A
映像制作演習基礎B
映像制作演習基礎C
映像制作演習基礎D
上記科目のうち、2科目以上単位取得していること。