デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 写真演習Ⅱ【セ】
(副題) Ⅰ・Ⅱセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 木曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 その他
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
講師◎ 若子jet教員

学習目標(到達目標) 写真機材の使い方を習得し、室内でも照明を用い、基本的な撮影をできるようにする。
作品のオリジナルプリントとしての重要性、また就職に合わせたポートフォリオでの提出形式、プレゼンテーションをさせる。
授業概要(教育目的) デジタル一眼レフを用い、操作方法、ライティングなどの基礎知識を、実際の撮影を通して学ぶ。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) この授業を通じて習得するキーワード/この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

1. この授業を通じて習得するキーワード
再現・表現・プレゼンテーション

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
撮影力 初級
画像処理 レタッチ力 初級
プレゼンテーション力 初級
作品構成力 初級
授業計画表
 
年月日(曜日)担当教員内容
第1回平成31年11月25日(月)若子jet機材の名前、ライティングで直接光と間接光について
第2回平成31年12月09日(月)若子jetスタジオ撮影(人物撮影編)
第3回平成31年12月16日(月)若子jetスタジオ撮影(商品撮影編)
第4回平成31年12月16日(月)若子jetスタジオ課題撮影のコメント、画像処理の基礎知識(12/10.17の7限目に実施)
第5回平成31年12月23日(月)若子jet組写真&単写真について、写真のテーマについて
第6回平成32年01月06日(月)若子jet撮影、制作、プリント
第7回平成32年01月27日(月)若子jet制作、プリント(撮影)
第8回平成32年02月03日(月)若子jet講評会
成績評価方法・基準 平常点 30% 期末試験 60% 積極性など授業態度 10%


テキスト(教科書) 教科書
若子jet写真集「キッチュ a GO!!GO!! 浪花編」
 3218円

MdN
写真を仕事にする。 必要なスキル、プロへの道、仕事の楽しさ
http://www.mdn.co.jp/di/book/3214203004/

用具
カメラ、種類やグレードは各自に任せる
三脚、種類やグレードは各自に任せる
パソコン、種類やグレードは各自に任せる
(ソフトはAdobe Bride , Adobe photoshopを使用します。)
ポートフォリオ 1,000円~、種類やグレードは各自に任せる
SDカード 800円~、種類やグレードは各自に任せる
USBメモリー 300円~、種類やグレードは各自に任せる
プリント用紙 1,000円~、種類やグレードは各自に任せる
インク代4,000円(授業外使用はさらに+2,000円)

インク代と講師若子jetの写真集代は、第一回目の授業内で徴収します。
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  課題提出   ・試験内容  課題に応じて作品提出 ・提出方法 組写真で提出・サーバーに提出 ・持込の可否  ノートの持込可能 ・実施日      ・再試験の実施  必要に応じて有
履修条件および学生へのメッセージ 一眼デジカメ(ミラーレス一眼も可。コンパクトデジカメはNG)・インクジェットプリンターを持っている方、もしくは授業内に購入予定の方が望ましい。
写真が好きであるという事。
また、1つ1つステップをこなす事によって、身に付く授業です。
基本的に出席の中での課題内容が多いです。また授業以外の復習で差がつく授業です。
遅刻や欠席もしないように。(遅刻は2回で一回の欠席とする。)
制作進行状況によっては、7限に追加授業を行う可能性があります。
インク代&写真集代は、第一回目の授業内で徴収します。
授業内のコミュニケーションは、必ず日本語でお願いします。
・写真演習ⅠおよびⅡの単位を修得することが【写真演習ⅢおよびⅣ】を履修申請する条件となっているので注意すること

【休講/補講】
12/3(月)休講→2/4(月)実施(授業振替日)
1/21(月)休講→12/10.12/17(月)の7限目実施(授業振替日)