デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ストーリー創作演習D
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 西井 史子教員

学習目標(到達目標) ストーリー創作演習A/B/C/D について

担当教員それぞれ別内容(別シラバス)となりますので自身が目指したい、学びたい映像制作のジャンル/方向性から履修クラスを決めてください。履修は、A~Dどこからでも履修することができます。

この科目の学習目標(到達目標)は下記です。
『面白い物語』を企画するためのクラスです。
アイデアを文章で表現できるようになるのが目標。
オリジナルの物語を考え、企画書を作成します。
授業概要(教育目的) ・物語を作るために、基本的なノウハウを身につけ、プロット作成ができるようになる。

・既存の物語を分析することでストーリー理論を理解し、オリジナル物語の創作に応用できるようになる。

物語創作のスキルはプロの脚本家、監督などの表現者を目指すためだけでなく、友人関係や恋愛、ビジネスシーンにおけるコミュニケーションに活かせると考えます。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 企画立案        初級
ストーリー分析     初級
ストーリー制作     初級
キャラクター設計    初級
プロット執筆      初級
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回物語の基礎
葛藤の作り方とジャンルの原則
第2回テーマと主人公テーマを背負う主人公のキャラクター開発
第3回キャラクター敵対者、その他の人物のキャラクター設定
第4回物語の要素事件、対立、解決などストーリーに必要な要素
第5回ヒット作のパターンヒットする10のパターンを分析
第6回プロットの書き方ストーリーをプロットに進化させる方法
第7回ブラッシュアッププロットを面白くするチェックポイント
第8回企画書の書き方なぜ面白いのか? 物語の魅力を訴える方法
授業形式 ストーリー分析、作品鑑賞、グループディスカッション、ロールプレイングなどを組み入れたワークショップ形式。課題提出や発表も随時行います。
成績評価方法・基準 授業点 50%  
授業での発表や提出物の内容、取り組み姿勢などを考慮して採点

課題点 50%  
提出された企画書を採点
テキスト(教科書) 教科書はなし。資料が必要な時は都度、講師が配布します。
参考文献 「ハリウッド脚本術」 ニール・D・ヒックス/フィルムアート社
「ハリウッド脚本術2」 ニール・D・ヒックス/フィルムアート社
「アカデミー賞を獲る脚本術」リンダ・シーガー/フィルムアート社
「映画ライターズ・ロードマップ」ウェンデル・ウェルマン/フィルムアート社
「SAVE THE の法則」ブレイク・スナイダー/フィルムアート社
「SAVE THE の逆襲」ブレイク・スナイダー/フィルムアート社
「10のストーリータイプから学ぶ脚本術」ブレイク・スナイダー/フィルムアート社
「小説・シナリオ二刀流 奥義」柏田道夫/言視社
期末試験の内容(提出方法・実施日) 筆記試験は行いません。
オリジナル物語の企画書(プロット含む)を評価。提出日、提出方法は後日決定。
履修条件および学生へのメッセージ 「楽しませる」「感動させる」「怖がらせる」など人の心を揺さぶるスキルを学ぶクラスです。物語創作スキルの正解は一つではありません。そのため少しでも多くのケースを学ぶことが重要。履修にあたっては、TVドラマや映画のヒット作を知っていることが望ましいです。
ストーリー創作演習A/B/C/Dいずれかの単位修得をしないと【シナリオ制作演習Ⅰ・Ⅱ】の履修申請できませんのでご注意ください。