デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ストーリー創作演習C
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 山本 和夫院教員

学習目標(到達目標) ストーリー創作演習A/B/C/D について

担当教員それぞれ別内容(別シラバス)となりますので自身が目指したい、学びたい映像制作のジャンル/方向性から履修クラスを決めてください。履修は、A~Dどこからでも履修することができます。

この科目の学習目標(到達目標)は下記です。
ストーリー分析の手法を理解し、自らのストーリー制作に応用できる能力を持つ。
授業概要(教育目的) 主にハリウッド映画中心に、ヒットした映画のストーリーを分析し、人の心をつかむストーリー構造を理解する。また、それを通して「物語」の本質が何であるかを把握。また現代人にとって、なぜエンターテイメントというものが、不可欠なものでああるかを学び、エンターテイメントのビジネス面の価値を見出す。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 各回、映画の構造分析を行い、テーマ、セリフ、キャラクター、プロットについて学ぶ。
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回ストーリーの公式ストーリーとは何か(発生史)
映画「トイストーリー」と映画「ファイナルファンタジー」をエンターテイメントビジネスの成否を分けるものを知る。
第2回テーマについて映画「ジョーズ」の分析を通して、テーマの設定と追求を学ぶ
第3回キャラクター映画「LAコンフィデンシャル」
第4回ダイアローグ(セリフ)について映画「プリティーウーマン」を通して、セリフの扱い方を学ぶ。
第5回神話の力Ⅰ映画「スパイダーマン」を通して、現代においても神話の力がいかに強く発言しているかを理解する。
第6回神話の力Ⅱ・心理学者CGユングの元型論を元に、映画がいかに心の構造を捉えてヒットに導いているかを、映画「スターウォーズ」に見る。
第7回ジャンルの研究映画にある様々なジャンルにどんな意味があるのかを、各ジャンルの代表的名作を参考にしながら、理解する。
第8回マーケティングに利用される物語。及び試験・物資の溢れた現代では、商品がその利便性だけでは売れず、ストーリーを応用することが求められるようになっている。物語とマーケティングの関係を理解する。
・試験。短編映画を視聴して、直後にそのストーリー構造を分析し、提出。
授業形式 ・事前に各回の素材となる映画を視聴しておく。

・グループ分けして、物語やキャラクターの創作をして、発表する。
成績評価方法・基準 ・フィードバックシート 30%
・レポート(ストーリー創作) 40%
・試験 30%
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・授業内で行う。短編映画を見て、直後にそのストーリー分析を行う。
履修条件および学生へのメッセージ ・映画やドラマを深く理解したいという方のための講義です。それ以外の方は、受講しないでください。
ストーリー創作演習A/B/C/Dいずれかの単位修得をしないと【シナリオ制作演習Ⅰ・Ⅱ】の履修申請できませんのでご注意ください。