デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ストーリー創作演習B
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 林 壮太郎教員

学習目標(到達目標) 個性的で『面白い物語』を企画立案できるようになるためのクラスです。アイデアを文章で表現できるようになるのが目標。主に【特撮ヒーロー作品】や【アニメ作品】の物語やキャラクターを考え、企画書を作成できるようになる。
授業概要(教育目的) 物語を作るためのノウハウを知り、プロット作成や、企画書を書けるようにする。打ち合わせに必要なコミュニケーションも育めればと思います。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 作品鑑賞、グループディスカッション、キャラクターの創造などワークショップ形式。各授業内で発表や課題提出もあり。
授業計画表
自分、家族、友人、知人およびその環境をモデルとした、リアルな小さな物語』  
各回タイトル内容
第1回ジャンルを考えよう特撮番組、アニメ作品のジャンルを分析。
第2回主人公を創造しよう!特撮番組、アニメ作品における主人公を分析。受講生に描きたいオリジナルの主人公を創造して貰う。
第3回宿敵(ライバル)を創造しよう!特撮番組、アニメ作品における宿敵(ライバル)を分析。前回、受講生が想像した主人公の宿敵(ライバル)を考えて貰う。
第4回物語を構成するとは?観るものを飽きさせない構成を分析。
第5回時代や流行に敏感な嗅覚を育もう!時代や少し先の流行を敏感に取り入れれば企画を成立させられる(?)
第6回ログラインを書こう!短い文章で簡潔に物語を伝える技術。受講生に描きたい物語のログラインを書いて貰う。
第7回プロットを書こう!脚本を書く前に必ず書くのがプロット。受講生にプロットを書いて貰う。
第8回企画書を書こう!なぜ今、この物語を描くのか? 簡潔に伝える方法。
成績評価方法・基準
授業点50%。残りは提出物などで採点。
テキスト(教科書) 教科書はなし。必要な資料はその都度配布します。
参考文献 「SAVE THE の法則」ブレイク・スナイダー/フィルムアート社「SAVE THE の逆襲」ブレイク・スナイダー/フィルムアート社「小池一夫のキャラクター創造論」小池一夫/ゴマブックス株式会社
期末試験の内容(提出方法・実施日) 筆記試験はなし。企画書などの提出物で採点。
履修条件および学生へのメッセージ 物語創作に正解はありません。そのため個人の武器となる個性を育てることも重要だと考えております。ストーリー創作演習A/B/C/Dいずれかの単位修得をしないと【シナリオ制作演習Ⅰ・Ⅱ】の履修申請できませんのでご注意ください。