デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ストーリー創作演習A
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 岡本貴也教員

学習目標(到達目標) 鑑賞した作品を、自分の力で、構造分解し、解釈、理解できるようになる。
授業概要(教育目的) 映画、テレビドラマ、演劇、小説など、いろんな物語に触れ、物語るとは何かということを、感覚として身につけていく。物語とそれ以外との違いは何か、どうすれば物語れるようになるのか。など、豊富な映像資料を見ながら、クリエイティブな能力を開花させていくことを目的とする。脚本とは、演出とは、演技とは、など、作品を分解してそれぞれのパートについても学んでいく。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 映画、演劇、テレビドラマ、小説、など物語と言われるものに触れていく。
授業計画表
物語の本質  
各回タイトル内容
第1回物語とは何だろう。物語の定義とは。物語と、それ以外のものについて考察。映像作品を見て、それの何が物語として機能しているのかを考える。
第2回物語の構造ってどうなってるのだろう。映画やドラマなどを見て、物語の構造を抽出していく。起承転結は間違い。スリーアクトが本流。
第3回スリーアクトって、そんなにたくさん使われてるの?作品を鑑賞し、スリーアクトがどれほど有効に機能しているかを徹底解説。
第4回プロットってなに? サブプロットってなに?物語の骨組みが分かってきたところで、さらに細かく物語を分割していく作業に入る。主人公の気持ちの流れと、サブキャラの流れがどう絡み合っていくのか。
第5回ジャンル別、物語の構造のあり方通常のラブストーり-、人情もの、青春もの以外に、ホラーやミステリー、刑事物など、通常とは違う物語の構造についても知っていく。
第6回同上同上
第7回物語を作ってみよう自分たちで物語を作ってみよう。キャラクター、設定、クライマックス。この三つがあれば、物語は作れる!
第8回同上同上
成績評価方法・基準 出席50%、レポート(授業内)50%
テキスト(教科書) なし
テキストISBN番号 なし
参考文献 なし
期末試験の内容(提出方法・実施日) なし
履修条件および学生へのメッセージ 監督、脚本家、俳優、スタッフ、映像作家、CGクリエイター、などになりたい人向け。