デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 映像制作演習基礎C
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 大谷 健太郎教員

学習目標(到達目標) 映像制作演習基礎A/B/C/D について

映像制作演習基礎A/B/C/Dの学習目標(到達目標)は同一レベルです。
担当教員それぞれ別内容(別シラバス)となりますので自身が目指したい、学びたい映像制作のジャンル/方向性から履修クラスを決めてください。履修は、A~Dどこからでも履修することができます。ただし、同じ科目の履修はできませんのでご注意ください。
授業概要(教育目的) 映画、TV、ミュージックビデオ、CMなどにおける映像演出および映像技法を学ぶ。本クラスでは、監督、ディレクター、撮影、編集、プロデューサー、脚本家などの職種を目指したい学生が、企画や演出を中心に映像制作を演習形式で身に付ける。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 発想力         初級
企画力         初級
プレゼンテーション力  初級
映像演出        初級
撮影          初級
編集          初級
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回オリエンテーション、レクチャー授業内容説明、映像演出レクチャー
第2回企画開発①企画内容ディスカッション
第3回企画開発②脚本作成
第4回企画開発③脚本作成
第5回撮影① 
第6回撮影② 
第7回ポストプロダクション①、講評編集、講評
第8回ポストプロダクション②、上映会仕上げ、上映会
授業形式 5名程度のグループワークにて演習を行う。
監督(ディレクター)、撮影、照明、録音、助監督(アシスタントディレクター)、制作(プロデューサー)などの役割に分かれ、ひとつの作品を創りあげてゆく。
成績評価方法・基準 授業態度50% 映像課題50%
※大学の規定により、出席率7割以下は成績付与対象外とする。
※映像制作に対する姿勢やコミュニケーション能力、モチベーション(やる気)等も併せて考慮する。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 最終日に映像課題を提出し、プレゼンテーションを行う。
履修条件および学生へのメッセージ 未経験者・初級者で構わないが、基本的な撮影・編集のスキルを持ち合わせていることが望ましい。
編集は、各自所有のPCで実施するため、PCにadobe premiere CCを導入していること。