デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 映像制作演習基礎B
(副題) シネマアクティブ・ラーニングクレイアニメ
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 映像
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 古新 舜教員

学習目標(到達目標) 映像制作演習基礎A/B/C/D について

映像制作演習基礎A/B/C/Dの学習目標(到達目標)は同一レベルです。
担当教員それぞれ別内容(別シラバス)となりますので自身が目指したい、学びたい映像制作のジャンル/方向性から履修クラスを決めてください。履修は、A~Dどこからでも履修することができます。ただし、同じ科目の履修はできませんのでご注意ください。

この科目の学習目標(到達目標)は下記です。
課題を映画(ショートフィルム)として作品化し、如何に独自の視点で課題解決ができたかを到達点とする。
授業概要(教育目的) 映画表現を元に自己が持つビジョン及び向き合う対象の精神的価値の可視化を図り、エモーショナルで他者に共感・共鳴を生み出す表現手法を学び、自己実現や他者貢献のあり方を習得する。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) iPadを用いて映画制作を行う。前半はシネマ・アクティブ・ラーニングというプログラムで、論理力、想像力、表現力、チームビルディングを養っていき、ハンズオンでの作品制作を行う。後半は、SDGsを題材に4週にわたって作品制作を行う。他者に共感を生む出す表現と追究していただき、作品制作を目的とせずに、作品制作を用途(ツール)として、自己の強みと弱みを分析、理解し、協調性や相互リスペクトを体験していく。映画制作、映像制作未経験でも全く問題なく受講ができる。
授業計画表
 
各回タイトル
第1回ガイダンス・鑑賞理解力ワーク
第2回物語発見力ワーク
第3回演技表現力ワーク
第4回制作実現力ワーク
第5回作品制作①〜テーマ設定・課題発見〜
第6回作品制作②〜撮影実習〜
第7回作品制作③〜撮影実習・フィードバック〜
第8回作品制作④〜編集・上映会・講評〜
授業形式 アクティブ・ラーニングを用いて対話および身体表現を重視いたします。
成績評価方法・基準 授業態度40%
学びシートを用いた課題提出及びコミュニケーション30%
作品完成度30%
テキスト(教科書) 毎回、教員が作成する資料を利用する。
参考文献 「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術」(シド・フィールド (著), 安藤 紘平 (翻訳), 加藤 正人 (翻訳))
「ハリウッドストーリーテリング」田中 靖彦(著)
「伝わり方が劇的に変わる! しぐさの技術 (DOBOOKS)」(荒木 シゲル (著))
期末試験の内容(提出方法・実施日) データを書き出し、iPadを繋いで前半・後半2回作品上映を行う。
全て講義の中で完結(主体的に取り組むチームは授業外で作業を実施)
履修条件および学生へのメッセージ 好奇心を持ち、人間力を成長させたいという学生を歓迎する!
映像制作演習基礎Aとは違う内容なので、両方とも受講はできる。