デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 総合企画演習
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 グラフィック
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 木原 民雄教員

学習目標(到達目標) ・グラフィックデザインの基本的な知識や技術を総合的に応用した表現ができる。
・企画に関する方法群を理解し、現実的なテーマに適用できる。
・企画に関するプロセス全体を体験し、自ら実践することができる。
授業概要(教育目的) グラフィックデザインの基本的な知識や技術(フォント、タイポグラフィ、テキスト、ダイアグラム、グラフ、ピクトグラム、写真、イラスト、レイアウト、色彩など)を総合的に応用して、企画を行う演習である。
企画に関する方法群を理解し、プロセス全体を体験し、俯瞰して捉えることができるようにする。
現実社会における実際的なテーマを対象として、発想や調査や表現などについて、個人ワークとグループワークを組み合わせて、段階的に実践していく。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 企画力 中級
プレゼンテーション技術 中級
企画書の作成技術 中級
授業計画表
企画とは何か  
各回タイトル内容
第1回ワークショップワークショップにより企画に関するプロセス全体を理解する。
第2回エスノグラフィー観察により感受性を磨き、マーケティングにつながるフィールド調査を行う。
第3回インフォグラフィクス題材や雰囲気にあわせたグラフィック表現を探求する。
第4回ペルソナ社会的課題を意識したサービスを企画し、ターゲットとなるひとびとを想定する。
第5回ストーリーひとびとを惹きつけ心を動かす体験のストーリーをつくり、デザインの表現と結びつける。
第6回コンペティション要件にあわせた企画書を作成し、プレゼンテーションを行う。
第7回レビューグループワークによりレビューを行い、要求に従って修正改善する。
第8回まとめ最終発表を行いポートフォリオにまとめる。
授業形式 講義と演習とをセットにした形式で行う。
個人ワークとグループワークを組み合わせる。
課題に対して制作を行い、発表し提出する。
課題は、授業内で制作する場合と、次回の授業までに制作する場合とがある。
使用する教材:PC
成績評価方法・基準 参加貢献度(発言や進行など)30%、提出された課題の評価(内容と発表)70%。
期末試験は実施しない。
テキスト(教科書) 使用しない。
参考文献 ・筒井 美希:『なるほどデザイン』 ,エムディエヌコーポレーション,2015年
期末試験の内容(提出方法・実施日) 期末試験は実施しない。ただし基準点数よりも10%以内で下回っている者に対して追加課題を課す場合がある。
履修条件および学生へのメッセージ 1年次の3、4Qで学んだ色彩論Ⅰ・Ⅱおよび、デザイン概論Ⅰ・Ⅱ、デザインベーシックⅠ・Ⅱ、タイポグラフィⅠ・Ⅱより2教科以上単位が履修できた者が対象である。
課題制作に取り組む上でのグラフィックソフトウェアなどの知識や技能は、原則として既に身につけているか自主的に修得するものとする。
毎回のテーマについて、調査や作案などの予習をし、取り組みについて復習してまとめ、ポートフォリオなどを作成すること。
休講や補講の可能性がある。