デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 総合企画演習
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 グラフィック
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 南雲治嘉教員

学習目標(到達目標) 1年次の3、4Qで学んだ色彩論Ⅰおよび、デザイン概論Ⅰ・Ⅱ、デザインベーシックⅠ・Ⅱ、タイポグラフィⅠ・Ⅱなどを総合的に応用して作品制作を行う。
ある意味、デザインにおける基本的な知識や技術を応用し、企画力を身につけるための教科といえる。
授業概要(教育目的) デザインベーシックをトータルに応用して、目的の作品を制作する能力の修得を目指す。
企画のプロセスや方法論を学び、企画書の制作ができる能力を身につける。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 企画力 中級
プレゼンの技術 中級
企画書の作成能力 中級
授業計画表
企画とは何か  
内容
第1回企画とは何か
その目的、機能
・簡単なテーマによる企画
第2回企画書とは何か
その目的、制作プロセス
・企画書の内容
・作り方
第3回テーマ「公共的なキャンペーン」
第4回テーマ「イベント企画」
・前回作品のプレゼテーしョン
第5回テーマ「ユーザビリティの提案」
第6回テーマ「SNS用ゲームの企画」
第7回最終課題
第8回最終課題
プレゼン合評
授業形式 レクチャーと演習をセットにした形で行う。説明された内容に対して、作品を制作しプリントアウトすることで終了する。
使用する教材は、
・ラフ企画では色鉛筆
・パソコン
成績評価方法・基準 出席率 70%、課題提出率 70%、ES提出率 70% 以上の者を評価する。
毎回提出される課題の採点による評価。成績評価は平均60点以上に対して単位を与える。
※期末試験は行わない。
テキスト(教科書) テキストは使用しない。必要資料がある場合には配布する。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 期末試験は実施しない。ただし基準点数よりも10%以内で下回っている者に対して追課題を課す場合がある。
履修条件および学生へのメッセージ 1年次の3、4Qで学んだ色彩論Ⅰ・Ⅱおよび、デザイン概論Ⅰ・Ⅱ、デザインベーシックⅠ・Ⅱ、タイポグラフィⅠ・Ⅱより2教科以上単位が履修できた者が対象である。
細分化して学んだデザインベーシックを応用する授業であり、特定の知識や技術を学ぶための授業ではない。
ここで企画し制作される作品は、就職作品となるので、しっかり制作できる意志のある人に学んでほしい。

★本講義は南雲先生が出張のため、補講・休講がある場合があるので、ご注意ください。