デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 タイポグラフィⅢ
(副題) ⅢⅣセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 グラフィック
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 藤巻英司教員

学習目標(到達目標) ・日本語、英語両方においてタイポグラフィー技芸の習得
・多くのアイデアを出し、イメージを描き出すことができる
・すぐ結論を出さずに、試す→選択を繰り返し、
 提出期限を厳守する制作プロセスを習慣化する
・妥協せずに作品を完成させる
・デザインコンセプトを自分の言葉で伝えるプレゼン能力向上
授業概要(教育目的) IとIIで学んだことをベースに、より実践的な課題へと移行する
見る、考える、表現する力を養い、タイポグラフィーの理解を深める
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
タイポグラフィカルデザイン
空間構成
グラフィカル表現/イメージの具現化
プレゼンテーション
スケジュール管理

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
リサーチ力       中級
アイデアスケッチ力   中級
空間把握力       中級
デザイン表現力     中級
問題解決力       中級
制作進行管理力     中級
プレゼンテーション力  中級
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回課題1/言葉のイメ−ジ表現選択した言葉のイメージを視覚的に表現する

サムネール、デザイン開始
第2回課題1の継続サムネールチェック
デザイン進行
第3回課題1のプレゼンテーション作品の発表と講評
第4回課題2/ブックカバーデザイン文字を主体としたブックカバーデザイン(日本語&英語版)
本の特徴をタイポグラフィーを主体として表現

サムネール
第5回課題2の継続サムネールチェック
デザイン開始
第6回課題2の継続デザインチェック、進行
第7回実習課題2の継続デザイン進行
第8回課題2のプレゼンテーション作品の発表と講評
授業形式 課題作成と講評会
成績評価方法・基準 課題作品90%(発想、表現性、完成度等)、実行スキル10%(リサーチ、進行管理、プレゼンテーション等)
テキスト(教科書) (改)typeface and typography 九州大学出版会 ¥3200 必携
テキストISBN番号 4-87378-829-3
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法:課題ごとに提出
・実施日:第8回目に未提出分も含め全課題提出  
履修条件および学生へのメッセージ タイポグラフィーI及びIIを履修していること


【必携画材】
・マルマン クロッキーブックMもしくはL(白クロッキー紙)
・HB鉛筆もしくはシャープペン
・消しゴム
・色鉛筆
・ハサミ
・カッターナイフ
・カッティングボード