デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 デザインベーシックⅡ
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 グラフィック
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ HAL_ 教員

学習目標(到達目標) デザインベーシック1で学んだ基礎力を元に、自分の感覚や感情を表現出来るようにします。
授業概要(教育目的) 自分の感覚を再発見する(伝統的な表現技法を学び、デザインワークにおける感覚を養う)
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) スケッチを通してアイディアを表現し、ビジュアルコミュニケーションの基礎力を高める。
授業計画表
カードゲーム制作  
担当教員各回タイトル内容
第1回デザインベーシック1のグループでまとまり授業進行するデザインベーシック2で行う事全てを理解する。具体的な形状を追うことと、感覚的形状を生み出す。鉛筆とクロッキー帳必須。他人に伝えるという事はどういう事なのかを理解する。また、自己の見えない能力を発見する。
第2回最終制作は全ての作品をバインドした物とするドリッピングとスタッパリング水彩絵の具やアクリル絵の具、画用紙を必須とします。描かずに描き、感覚表現と知覚表現をします。
第3回 コラージュ、イメージトレーニング(基礎表現力を付ける)
イメージマップを作る
印刷物、色紙、トレーシングペーパ、等様々な素材を使い、重なり合う素材がそれぞれに影響し合う様子をまなぶ。
第4回 コラージュ技法とスクラッチ雑誌、新聞、など文字が印刷された紙と糊を必須とします。
主に文字を中心とした構成。デザインのエレメント(絵と文字)の関係を認識する。
第5回 スタンピングとデカルコマーニスタンピングはハンコを重ね押し、新しい美を作る技法です。石に絵の具を塗ってスタンプしたり、手でスタンプしたり、スポンジを使ったりと様々な素材を考えて絵の具と紙と共に持ってきて下さい。意図しない形から美しさを探っていきます。
第6回 スクラッチとフロッタージュスクラッチはクレヨンが必須です。フロッタージュにも使用します。
第7回 自分の感情表現を文章化し、今までの製作技法を使いこなし、自己の感覚を解放させます。また、今までの作品を全てまとめて提出する準備をします。自分の作品を発表する場合の注意。制作した物を持ち寄り、不足する物が無いかをお互いに確認しあい、最終作品のはブラッシュアップに向けて話し合う。
第8回 プレゼンテーション(合評)発表プレゼンテーション。作品集講評。
第9回   
授業形式 基本的に制作は授業内では時間数が少ないため制作出来ません。授業内ではグループごとの制作進行や内容の確認をします。
最終的作品はPCによる制作が必要となると思いますが、授業内ではスケッチなどを元にゲーム内容を確認していきます。授業時間はそれぞれが確認し合い、方向修正などをするための時間と考えてください。
成績評価方法・基準 出席率70%以上、課題評価(表現性、完成度)80%+実行スキル(リサーチ、進行管理、プレゼンテーション)20%

紙と画材は必須です。各自制作する素材が無ければ授業は成立しません。必要な物は忘れずに持ってくること。【忘れた場合は帰ってもらいます!】

絵の具、筆、クレヨン、雑誌など様々な素材を用意する必要があります。また、教室を汚さない工夫を各自考えて下さい。
テキスト(教科書) 教科書はありません。
制作に関する印刷や制作のための様々な素材を必要とします。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 試験はありません。企画書、スケジュール、最終成果物の評価がすべてです。
履修条件および学生へのメッセージ 終了課題は基本的に授業内では時間が少ないため家で制作する事になります。
最終的作品は2で制作した物全てをまとめ閉じて1冊の作品集にします。また、プレゼンテーションでは作品を写真撮影しデジタル化してPCでスライド制作します。アナログ作業とPCワークのスキルも身につけられます。
・デザインベーシックⅠおよびⅡの単位を修得することが【デザインベーシックⅢおよびⅣ】を履修申請する条件となっているので注意すること
・・デザインベーシックⅠおよびⅡの単位を修得することが【総合企画演習】を履修申請する際の条件の1つとなっているので注意すること(総合企画演習の履修条件は、色彩論Ⅰ・Ⅱ、デザイン概論Ⅰ・Ⅱ、デザインベーシックⅠ・Ⅱ、タイポグラフィⅠ・Ⅱのなかから2つ以上です)