デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 デザインベーシックⅡ【セ】
(副題) Ⅰ・Ⅱセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 グラフィック
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ HAL_ 教員

学習目標(到達目標) デザインベーシック1で学んだ基礎力を元に、自分の感覚や感情を表現出来るようにします。 現代は、どこに向かっていけば良いのかわからない時代です。周りを見渡しても、課題が何なのかすら見えてこないという状況。自分の中から課題を見つけなければ世界も自分自身も何も変わりません。一般的な常識を逸脱し、あり得ない物を作り出す事で自分にとって大切な新しい世界に踏み出しましょう。
授業概要(教育目的) 自分の感覚を再発見する(色彩を使い感覚を養います )
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) スケッチを通してアイディアを表現し、ビジュアルコミュニケーションの基礎力を高める。
授業計画表
デザインの基礎力と感覚を磨く  
担当教員各回タイトル内容
第1回HAL_
デザインベーシック1のグループでまとまり授業進行する
デザインベーシック2で行う事全てを理解する。具体的な形状を追うことと、感覚的形状を生み出す。グループ毎にテーマを決め、大きな作品を創造する。
第2回HAL_コラージュ技法を学ぶ、イメージトレーニング(基礎表現力を付ける)雑誌、新聞、など文字や写真が印刷された紙と糊が必須。様々なアナログ画材の表現手法を学びます。
第3回HAL_ファインドマップ(イメージマップ)を作る
絵の具を使った技法を学ぶ:ドリッピング、スパッタリング、スクラッチ、スタンピングとデカルコマーニ、スクラッチ、フロッタージュ
水彩絵の具やアクリル絵の具、画用紙を必須とします。描かずに描き、感覚表現と知覚表現をします。
印刷物、色紙、トレーシングペーパ、等様々な素材を使い、重なり合う素材がそれぞれに影響し合う様子をまなぶ。
ファインドマップの制作
第4回HAL_アナログ画材を使いテーマに沿った表現今まで覚えた技法を使い、感情を表現する(喜怒哀楽)
第5回HAL_アナログ画材を使いテーマを作り、感覚的に表現する。今まで覚えた原則を破り、考えながら感覚的な抽象的イメージ表現をする。
ファインドマップ制作→表現
第6回HAL_今までの作品を全てまとめて提出する準備をします。
自分の感情表現を文章化しエスキースを作る。
今までの全ての作品をクロッキーノートにまとめ提出する準備をします。
エスキースを提出する。
第7回HAL_アナログ画材を使い自分でテーマを作り、気持ちよく作品を作り上げる。今まで覚えた技法を使い、頭で考えずに感覚的、直感的にイメージ表現をします。
第8回HAL_プレゼンテーションと合評発表プレゼンテーション。作品全体講評。
第9回   
授業形式 最終的作品はPCによる制作が必要となると思いますが、授業内では基本アナログの道具を必要とします。グループを組んで作業することもありますので机の配置などは最後にしっかり戻してください。
成績評価方法・基準 出席率70%以上、課題評価(表現性、完成度)80%+実行スキル(リサーチ、進行管理、プレゼンテーション)20%


紙と画材は必須です。各自制作する素材が無ければ授業は成立しません。必要な物は忘れずに持ってくること。【忘れた場合は帰ってもらいます!】

絵の具、筆、クレヨン、雑誌など様々な素材を用意する必要があります。また、教室を汚さない工夫を各自考えて下さい。
テキスト(教科書) 教科書はありません。
※絵の具、筆、クレヨン、雑誌など様々な素材を用意する必要があります。また、教室を汚さない工夫を各自考えて下さい。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 試験はありません。
クロッキーノートにまとめた成果物と最終課題。
履修条件および学生へのメッセージ 終了課題は基本的に授業内では時間が少ないため家で制作する事になります。
最終的作品は2で制作した物全てをまとめ閉じて1冊の作品集にします。また、プレゼンテーションでは作品を写真撮影しデジタル化してPCでスライド制作します。アナログ作業とPCワークのスキルも身につけられます。
・デザインベーシックⅠおよびⅡの単位を修得することが【デザインベーシックⅢおよびⅣ】を履修申請する条件となっているので注意すること
・デザインベーシックⅠおよびⅡの単位を修得することが【総合企画演習】を履修申請する際の条件の1つとなっているので注意すること(総合企画演習の履修条件は、色彩論Ⅰ・Ⅱ、デザイン概論Ⅰ・Ⅱ、デザインベーシックⅠ・Ⅱ、タイポグラフィⅠ・Ⅱのなかから2つ以上です)