デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 デザインベーシックⅠ【セ】
(副題) Ⅰ・Ⅱセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 グラフィック
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ HAL_ 教員

学習目標(到達目標) グラフィック、Web、映像制作等のクリエーターに必要なアイディアを表現するための表現基礎力を身につける。アイデアスケッチを気楽に描く力を付ける。
授業概要(教育目的) 紙と鉛筆を使ったアナログ表現で「見る力」と「考える力」を身につける。新しい発見のための、デザインに使う基本的な感覚を学び、技術習得します。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) クリエイティブとは何か、基本を考え取り入れながら考え、新しい考え方を発見して形にする力をつけます。
授業計画表
ベーシックデザインとは何か。デザインにおける効果。アイディアスケッチトレーニング。  
担当教員各回タイトル内容
第1回HAL_
指定のクロッキーノートと鉛筆は必ず持ってくること!
この講義の概要説明:技法を外したアイディアスケッチトレーニングを学ぶデザインの基礎(学習方法説明)
考える力をつける事こそが新しいデザインに繋がります。まずは自分で考えた形を殴り書きしていきましょう。優しい気持と激しい気持を描く。
アイデアのために3つのことを考え出す。
第2回HAL_形の役割を考える
点・線・面が全てを語る
形の役割を考えてみよう。
アイディアスケッチトレーニング
自分の考えを相手に伝えるための表現を学ぼう(アイディアスケッチ)。円形や四角形を用いて感情の表現をしてみよう。
第3回HAL_技法としての空間を考える。
空間の中で動く形を描く。
アイデアスケッチトレーニング
物の形から動きを見つけ、組み合わせて動きを感じる空間を作ろう。
第4回HAL_形の役割を考える
面にマテリアルを付け見る人に訴えかける
アイディアスケッチトレーニング
技法を知る:ユニットと規則的配置(リズム)軽快な刺激。回転と平行移動)。装飾性の演出。五官と視覚の関係。視覚的テクスチャーと触覚的テクスチャー、図と地の関係。
関係をあいまいにすると主題がぼけるということを学ぶ。
木の肌感、水の様な流体感、意志の固さを感じ取り、心理状態を表現しよう。
第5回HAL_技術を捨てた上で、様々な形、マテリアルを構成して感情を表現する。「嫌いなこと、苦手なこと」を表現する。
今まで「上手く出来た経験が無い、ほめられたことがない、苦い思い出」を創作に生かす。
第6回HAL_新しい発想を身につけるために形を無くし、自己発見する。基本的な物の見方を学び、考える力を付け、自分の目を育てます。逆さ絵を描いたり、手のしわを描く事で。観察する目を養い、体験します。
見た事の無い形とはどんな物なのか、誰も知らない新しい形に何を語らせるのかを考えます。
第7回HAL_見たことの無い新しい形と目的を持った形
観察する力を付け、五感を使って考える。
五感を使った表現を学ぶ。
第8回HAL_
プレゼンテーション
自分の法則を考え、創り出す。
作品の発表と全体講評。
7回のまとめ・創作の原点を考え、あたらしい組み合わせを作る。
形の無い形を考え、作り、自分の法則を作りプレゼンテーションします。
授業形式 紙と鉛筆を使ったアイデアを出すためのデザインの基本を学ぶ授業です。 消しゴムは必ず【練り消しゴム】を使用して下さい。
成績評価方法・基準 出席率70%以上。課題評価(表現性、完成度など)80%+実行スキル(リサーチ、進行管理、プレゼンテーションなど)20%
テキスト(教科書) ◎アイデアスケッチの教科書 (NextPublishing) オンデマンド or ペーパーバック ◎クロッキー帳、鉛筆、カッターナイフ1本、ねりけしゴム1個、その他制作に応じた素材が必要です。
テキストISBN番号 ISBN-10: 480209048X ISBN-13: 978-4802090483 ネット販売のみです。上記番号で検索購入して下さい。
参考文献 クロッキー帳はマルマン SMサイズ 鉛筆(三菱Hi-uni推奨 (6B・4B・2B・B・HB・H・2H・4H)×1本 カッターナイフはダイヤルロックがある物を推奨すます
期末試験の内容(提出方法・実施日) 試験はありません。 毎日、毎回の作品を撮影し提出google crassroomに提出します。
履修条件および学生へのメッセージ 紙と鉛筆を使い、物の見方と考え方を身につけ、発想力の基盤を育てます。 各課題は急がずじっくり取り組んで下さい。