デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 立体造形Ⅱ
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 木曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 グラフィック
年次 1~2
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 南雲治嘉教員

学習目標(到達目標) クリエイティブな仕事を展開するための3Dの感覚を習得する。
・頭の中に描かれるイメージを手で作り出す。
・立体造形により美的な感覚を養える。
・その形態に含まれている美的効果を引き出せる。
・立体を平面に置き換える感覚を習得できる。
・空間に対する感覚が増大する。
授業概要(教育目的) 造形的な体験により、立体が持つ形の美に対する審美眼を養う。
頭に浮かぶ立体(3D)を平面に置き換えたとき、自然な形で表現できる能力を身に付ける。
造形的ものへの興味を高め、新しい形、人に優しい形、普遍的な形などを制作できるようにする。特に3DCGや空間演出を目指す人のための能力を養成する。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
・3D感覚
・2Dと3Dの関連
・イメージの立体化
・空間意識の向上
2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
・造形力  中級
・3D制作力  中級
・イメージ力 中級
・空間表現力 初級
授業計画表
 
内容
第1回点材による構成1  点として機能する素材の利用 吊る
第2回平面に付着させる点 面の変貌
第3回オブジェとは何か オブジェの効果 クリスマス用オブジェ
第4回小型空間の模型制作 空間の捉え方 秘密の小箱
第5回塊材・
第6回最終課題1
塊材・クレイアニメの制作 ストーリーとキャラクター
第7回最終課題2
小道具の制作。空間・ステージとは何か その制作 
第8回最終課題3
写真集の制作。

デザインの定義である相手を幸せにすることを具現化する。相手に贈るお守り。
成績評価方法・基準 成績評価方法・基準 : 出席率 70%、課題提出率 70%、ES提出率 70% 以上の者が評価条件。
毎回提出される課題の採点による評価。成績評価は平均60点以上に対して単位を与える。
※期末試験は行わない。
テキスト(教科書) 特にテキストはない。必要な資料は配付する。ラフスケッチを起こすために色鉛筆(24色以上)を使用する
期末試験の内容(提出方法・実施日) 期末試験は実施しない。問題がある場合には個別に対応※する。
※提出作品により成績を決めるが不合格者で合格点数の90パーセント以内の者については追課題を出題することがある。
履修条件および学生へのメッセージ 全くの初心者に対する授業なので、限定されたスキルは必要ないが、3Dに興味があることが望ましい。立体物が好きであること。特に手先の作業になるので、造形の楽しさがわかる人に来てほしい。