デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 基礎ツール演習Ⅰ【G2-1】
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名 演習
科目分野名 基礎
年次 1
必修/選択 必修

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 塩谷正樹教員

学習目標(到達目標) デジタルグラフィック制作を楽しく感じ、更なるスキルアップを目指す向上心がもてるようになる。
授業概要(教育目的) デジタルグラフィックツール基礎I
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) デジタルグラフィックを楽しもう!/初級編
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回似顔絵を描いてみようIllustratorを使用します。
顔のパーツを作りながらオブジェクトの基本操作や配置について、まずは楽しみながら操作に慣れていきます。
第2回イラストを描いてみよう!Illustratorを使用します。
基本図形を変形させたり、合体させたり、思い通りの図形が作れるように工夫しながら操作していきます。
第3回自分の名前を素敵にデザインしてみよう!Illustratorを使用します。
色々な書体を選ぶところから、変形やエフェクトを適用し、名前を素敵にデザインしていきます。
第4回色調を変更してみよう!Photoshopを使用します。
基本ツールの操作、選択範囲と色調補正の練習をします。
まずは、Photoshopが得意とする機能を試していきます。
第5回画像合成にチャレンジ1Photoshopを使用します。
複数枚の写真を合成して、1つのイメージを作っていきます。
ここでは、マスクを使用した画像合成にチャレンジします。
第6回画像合成にチャレンジ2Photoshopを使用します。
複数枚の写真を合成して、1つのイメージを作っていきます。
写真から必要なパーツを切抜いての合成を行います。
第7回写真加工にチャレンジ!Photoshopを使用します。
人物の写真の調整や動物写真の合成などを行います。
第8回作品制作にチャレンジ!Photoshop、Illustratorを使用します。
テーマやコンセプトを設定して作品制作にチャレンジします。
授業形式 演習形式の授業となり、Photoshop、Illustratorが起動(使用)出来るPCが必要となります。
各回の課題制作を通して、授業内容の復習とスキルアップを行います。
成績評価方法・基準 課題点70%、授業点30%の総合点数で評価を行います。
課題は全7回、各課題10点の合計70点となります。
授業点は、忘れ物の他、理解度や積極性を評価します。
参考文献 動画教材やプリントを使用する場合があります。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 期末の試験はありません。各回の提出物を評価します。
※課題の提出はGoogleClassroomを利用します。
履修条件および学生へのメッセージ 楽しみながらツールを使ってみましょう。
使用方法を一生懸命に覚えることよりもデジタルツールで出来る可能性を感じ、自分の世界観を表現する練習をしていきましょう。
授業は演習となります。毎回PCとソフトウェアが使用できる状態で参加してください。
※体験版ではなく、製品版のインストールをお願いします。
※素材の配信や、お知らせはGoogleClassroomを利用します。
※GoogleClassroomへの参加については、事前にデジキャンよりお知らせします。