デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 金融論基礎
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 5限
科目分類名 応用
科目分野名
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 長井 亨教員

学習目標(到達目標) 資金の流れや株式市場が実業にどう繋がっているかを通じて金融の基礎知識を習得し、日々のニュースをビジネス的視点で捉える手法を理解する。また、金融的側面から起業に応用できる考え方を身につける。
授業概要(教育目的) 金融という視点を通じて社会の仕組みを理解し、ビジネスの面白さを学ぶ。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) <キーワード>
資金調達、間接金融、直接金融、銀行、株式市場、金融仲介、金融決済、金融市場、信用創造、債券、担保価値、融資、金利、為替、資本コスト、企業価値、M&A、黒字倒産、デリバティブ
<獲得スキル・レベル>
経済知識、金融知識: 初級~中級
授業計画表
 
年月日(曜日)時限担当教員各回タイトル
第1回平成29年09月22日(金)5限長井 亨金融とは何か。何故、金融は必要か。
第2回平成29年09月29日(金)5限長井 亨信用創造と金融システム
第3回平成29年10月06日(金)5限長井 亨企業金融①
第4回平成29年10月13日(金)5限長井 亨企業金融②
第5回平成29年10月20日(金)5限長井 亨企業価値①
第6回平成29年10月27日(金)5限長井 亨企業価値②
第7回平成29年11月03日(金)5限長井 亨金融リスク
第8回平成29年11月10日(金)5限長井 亨資金調達
成績評価方法・基準 出席6回以上を評価対象とする。
授業への積極的な参加度:50%、課題レポート:50%
参考文献 日本経済新聞
「エッセンシャル金融論」植田宏文、丸茂俊彦、五百旗頭真吾(中央経済社) 
期末試験の内容(提出方法・実施日) 試験は行わず、複数回の課題レポート提出でそれに代える。課題レポートの内容、実施日、期限は講義の進捗を見て判断。デジキャンにて提出。
履修条件および学生へのメッセージ 自らビジネスをしてみたい、ビジネスというものに関心がある、という学生は是非履修を。金融は小難しい印象があるかもしれませんが、ビジネスを考えるうえで金融的視点は避けられません。当講義では様々な実例を用いてわかり易く金融の仕組みや役割を学び、金融的視点の面白さを伝えていく予定です。履修条件は特にありません。