デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 クラウドコンピューティング
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 土曜日 代表時限 2限
科目分類名 応用
科目分野名
年次 3~4
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 千葉 幹正 教員

学習目標(到達目標) * 実業務において、クラウドサービスがどのような活用をされているか学ぶ
* 物理サーバ、クラウドサーバのメリット、デメリットについて学ぶ
* 提示した目標達成に向け、自ら情報を調達、考察、実装する能力を養う
* IaaS (可能であれば、PaaS, SaaS も加える) の操作を経験する
授業概要(教育目的) 近年目覚ましい成長を遂げているICT産業の中でも、通信系コンテンツ市場は右肩上がりの成長を遂げている。通信系コンテンツ市場では、クライアント、ネットワーク、サーバに関する知識が必要不可欠で、幅広い知識・問題解決能力を持つエンジニアが求められる傾向にある。
その中の一つである、IaaS:Infrastructure as a Service は、特に大きな成長を遂げ、数多くの企業で使用されている。
本講義、演習においては、IaaS を実際に操作することで、その特徴を学ぶ。
また、前半はハンズオン形式で講義、演習を取り進めるが、後半は受講者が自ら目的達成に向けた情報の調査、考察、プログラムの実装を行うことで、より実務に近い目線で IaaS を操作することに重きをおく
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) Linux, ネットワーク, サーバ・クライアントモデル, IaaS, PaaS, SaaS, AWS, GCP, プログラミング
授業計画表
 
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
成績評価方法・基準 講義、演習毎に提示する課題 50%, 期末試験 50%
※出席率7割未満の学生については、評価対象としない(不可とする)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 最終課題の提出とし、提出方法は別途案内する
履修条件および学生へのメッセージ * メッセージ
初回は、社会人エンジニアとして重要な心得の一つについてお話します。

本講習は、基礎講義 (座学形式) + 演習 で取りすすめます。(講習:2 演習:8)
前半は、ハンズオン形式で取り進めますが、後半は、提示した目標を達成するために、自ら情報を調査、考察、実装 を取り進めていただきます。

* 履修条件
Linux を用いて IaaS を取り扱うため、Linux, SSH, Bash の基礎操作ができること
(最低限のラインとして、Linux への SSH ログイン, ディレクトリ移動, コマンドの実行, vi エディタの利用 ができれば良い)
ネットワークの基礎知識を持ち合わせていることが望ましい
PHP, Go, C++, Python, Ruby, Nodejs, .Net, Java の何れかの言語にて、何らかのプログラミング経験があることが望ましい ( 講義、演習内では Bash を用いたシェルスクリプトを用いて説明を取り進め、上級者向けに Go 言語によるソースコードの共有を行う )



履修条件
C++プログラム演習ⅠⅡ もしくは Webプログラミング演習ⅠⅡの単位を取得していること。