デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 リアルタイムグラフィックス技術
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 木曜日 代表時限 2限
科目分類名 応用
科目分野名
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 北田能士教員

学習目標(到達目標) 主要な最新グラフィクス技術を応用するための実戦的な視点を持つことにより、リアルタイムコンテンツの開発・制作において、それら最新テクノロジーを積極的に取り込んだシステムおよびコンテンツの、企画、提案、設計、構築、開発ができるにようになることを目標とする。
授業概要(教育目的) 昨今のゲームやVRなどに代表されるリアルタイムコンテンツは、リアル感、立体感、目を見張るような美しさ、臨場感等をユーザーに体験させるため、3Dグラフィクス技術をはじめ、さまざまな科学技術分野の最新テクノロジーを高度に統合・融合することにより実現されている。
本講座では、これら最新のテクノロジーのベースとなる要素技術を概念的に理解することを目的に、3Dグラフィクス技術を中心に主要な分野の最新グラフィクス関連技術を集め、それらの基礎から応用までを概説してゆく。
エンジニアリングの視点から、それらテクノロジーがどのように実用化されてきたかに注目し、その仕組みを映像資料や図を使いながら解説を進めることにより、それらテクノロジーを組み込んだコンテンツ開発・制作を行うための実践的なノウハウを身につける。

授業では、最近ゲーム開発のスタンダードになりつつあるゲームエンジンである、「Unity」を使用したデモを交えて解説を行う。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード

3DCG(3次元コンピュータグラフィクス技術の基本知識)
3DCGを応用したビジュアルエフェクトの構成
3Dビジョン(立体視)技術の基礎
画像処理技術の基礎
画像認識技術の基礎
AR(拡張現実感)技術の基礎
物理シミュレーション技術の基礎

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

3DCG技術の知識         初級~中級
ビジュアルエフェクト技術の知識  初級~中級
その他グラフィクス関連技術の知識 初級
ゲーム等のコンテンツがどのように構成されているかの知識 初級~中級
授業形式 IT系の授業であるが、数式をできるだけ使用せず、映像や図を多用した解説を進めてゆくため、CG系やその他の分野の学生にもわかりやすい内容となっている。授業後のFSは、必須。

授業は、「Unity」を使用したデモを交えて解説を進める。受講生は、UnityをPCにインストールすることにより、授業で解説された最新の技術を実際に動かして体験できる。
成績評価方法・基準 平常点 50 %
授業態度 20 %
期末試験 30 %
テキスト(教科書) 講師オリジナルパワーポイント資料
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  筆記試験
・試験内容  小論文(A4用紙1枚~2枚)形式
(提示する4つのテーマから1つを選択)
・持込の可否  資料の持込可能
・実施日   第9週 に実施
・追試験の実施  有 (レポート形式)  
・再試験の実施  有(レポート形式)