デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ビジネス心理学Ⅱ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 4限
科目分類名 基礎
科目分野名 ビジネス基礎
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 匠英一教員

学習目標(到達目標) 「ビジネス心理」とはマネジメント心理とマーケティング心理の二つの分野がある。
2Q期のこの講座は、マーケティング心理を軸に、販売や営業の心理を学ぶ講座で事例を中心に解説・ディスカッションしていくもの。
なお、平常点として加えるため、毎回の授業で感想文を提出してもらう形。
授業概要(教育目的) ●マーケティング活動の販売や営業分野での心理学の原理と事例を中心に、企画や統計解析を使う方法など理解する。
●各種の成功企業やそこでの改善事例をリサーチしたり、その具体的な企画を演習で模擬的に作成したりする。

授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 心理マーケティング、消費者行動と心理分析 アンケートの方法と統計分析
授業形式 事例と原理を合わせた講義式だが、隣同士との論議などをする形で考える場面も多い内容。
成績評価方法・基準 試験を50%、授業毎回の感想文・態度を50%として最終的な成績評価とする。
テキスト(教科書) 匠英一監修・著『ビジネス心理:マーケティング心理編』中央経済社¥2800
※定価より700円安くなります。
参考文献 匠英一著『心理マーケティング』(日本能率協会出版)
匠英一著『顧客見える化』(同友館)
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験実施日:試験期間中を予定

期末試験は論述式で時間は50分で指定した教科書の持ち込みは可能。
ただし、追試はしないが常時感想文など書いてもらうシートの評価でとくに良いものを加点方式で試験内容に加えるものとする。 
履修条件および学生へのメッセージ とくに履修条件は無し。第1Q期のビジネス心理学Ⅰを履修していなくともOK。
ただし、ディスカッションなど隣同士でしたりするため、考えや意見を交流することを楽しめることが望ましい。
授業用E-mail takuei@dhw.ac.jp