デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 プランニング基礎【合】
(副題) リサーチ基礎セット履修、【新旧合同】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 6限
科目分類名 基礎
科目分野名 ビジネス基礎
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 橋本大也教員

学習目標(到達目標) 収集した情報を分析ツールを使って分析する方法、整理した情報から戦略を見出す論理思考、そしてアイデアを企画書にまとめる方法、効果的に表現する方法を実践する。
授業概要(教育目的) ビジネスやコンテンツの企画立案、制作計画の作成に必要な、データの分析方法、思考方法、企画術、表現術を身につける。 #情報の収集と整理をを主な内容とする『リサーチ基礎』につづく内容である。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) データマイニングとテキストマイニングの初歩的な知識とツールの紹介。データサイエンティストの仕事、一枚で書く企画書の作り方。ロジカルシンキング。実社会で活躍する実践者の講演。
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回オリエンテーション 「分析から企画提案へ」ビッグデータとデータサイエンティストについての講演
第2回データを分析する基本データ分析の方法と社会での応用例。数値的なデータを主な話題とする。
第3回テキストを分析する基本テキスト(文章)をコンピュータで分析する手法を学ぶ。
第4回論理思考論理的に考えるとはいかなることかを知る。
第5回ビジネスプランニング(ワークショップ)現実の課題をグループで考えて企画立案するワークショップ
第6回情報を世の中に発信する ゲスト講師情報を世の中に発信して活躍する実践者を招いて講演を聞く
第7回一枚企画書やりたいこと、やるべきことをA4一枚の企画書にする
第8回まとめと最終課題課題について説明と授業のまとめを行う。
授業形式 講義を中心とするが、授業内でワークショップ及び簡単な企画書作成セッション、専門家のゲスト講義の回を設けて、知識獲得だけでなく実践的に能力を身につけることができる。
成績評価方法・基準 課題レポート50% 授業内の参加態度(授業内の発言やワークショップにおける活躍、授業アンケートのコメント他)50%
参考文献 『データサイエンティスト』橋本大也著、SB新書、ISBN:4797374446
期末試験の内容(提出方法・実施日) 最終授業の1週間後を締め切りとして、簡単な企画書を提出してもらいます。授業内で内容は指示します。
履修条件および学生へのメッセージ 【推奨】1Qのリサーチ基礎とセット受講。
大学時代に情報の分析能力や企画能力の基本を身につければ、社会に出て何をするにもすぐに役立ちます。就職や将来を考えるにも分析力と企画力は必須です。