デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 マーケティング基礎
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 2限
科目分類名 基礎
科目分野名 ビジネス基礎
年次 1~2
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 長田有喜教員

学習目標(到達目標) マーケティングの基礎的な流れと考え方を理解する。
授業概要(教育目的) コンテンツビジネスのみならず、すべてのビジネスや企画をする際に役立つ、基礎的な情報の分析力や企画力を身に着ける。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) マーケティング環境分析
PEST分析
3C分析
SWOT分析
ターゲティング
セグメンテーション
マーケティングミックス
差別化戦略
価値交換活動
AIDMAの法則
プロダクトライフサイクル

この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
ロジカルシンキング   中級
企画立案力       中級
戦略的思考力      中級
プレゼンテーション力  上級
授業計画表
 
担当教員各回タイトル内容
第1回長田有喜マーケティングとは
その必要性と重要性
オリエンテーション、マーケティングとは何か この授業の説明、マーケティングの定義と歴史、その役割について
第2回長田有喜なぜヒットコンテンツ、ヒット商品が生まれるのか
マーケティング外部環境分析(PEST分析)について
第3回長田有喜なぜその商品を買ったのか。
お気に入りのものはどこが好きなのか。
ライバルとの差別化戦略、内部環境分析(3C分析)について
第4回長田有喜誰に対して売り込むのか。ターゲティング、セグメンテーションについて
第5回長田有喜長く親しまれているロングセラーはなぜ生まれるのか。ロングセラーの成功の要因からマーケティングミックスについて
第6回長田有喜コンセプトとはコンセプトの立て方とメディアの選定、ターゲットの心をつかむ広告の要件
第7回長田有喜復習テストこれまで授業で学んだことの振り返りテスト
第8回長田有喜テスト講評テストの回答と解説をし、希望者は追加テストを受験
授業形式 はじめの30分間は用語説明や事例を紹介。その後考える課題に取り組み、ディスカッションや発表を行う。知識を詰め込むだけではなく、思考力、企画力を磨くクラス。
成績評価方法・基準 理解度チェックテスト 50%
企画発表(内容・発表力) 30%
クラスへの貢献度 20%

70%以上の出席がない場合は成績の対象外となります。
公欠にあたる事由がある場合は考慮します。
テキスト(教科書) デジキャンでレジュメを配布
参考文献 日経流通新聞、日経トレンディ、東洋経済、日経ビジネス
期末試験の内容(提出方法・実施日) 期末試験:11/17(金)2限
クラス内で実施
履修条件および学生へのメッセージ ビジネスの現場で活躍したい人はもちろん、クリエーターとして、また企画者として人に喜んでもらえるコンテンツを作り出すにはどうしたらいいか、を学びます。基礎的な内容の習得を目指します。