デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 デザイン概論Ⅱ【合】【セ】
(副題) Ⅰ・Ⅱセット履修、【新旧合同】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 5限
科目分類名 基礎
科目分野名 概論
年次 1~2
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 木原 民雄教員

学習目標(到達目標) ・デザインに関する基礎理論と基本的方法を理解し、さまざまな課題の解決に活用することができる。
・デザインの歴史や代表的事例を知り、デザインの企画制作に取り組むことができる。
・デザインの思想や哲学を学び、自ら実践することができる。
授業概要(教育目的) デザインに関する基礎理論と基本的方法を理解し、デザインの歴史や代表的事例を知り、デザインの思想や哲学を学ぶための講義である。これらによって、さまざまな課題の解決に活用し、デザインの企画制作に取り組めるようにし、自ら実践することができるようにする。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) デザイン企画力 初級
デザイン調査力 初級
デザイン計画力 初級
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回現象と空気デザインの流行やデザインがもたらす空気感について考察する。
 キーワード:かわいい、おしゃれ、かっこいい、ムード、マナー、人称、文学、音楽、アイドル、キャラクター
第2回日常生活のデザイン日常生活の記録や工夫などのデザインと、パーソナルファブリケーションについて理解する。
 キーワード:思い出、貼り紙、パーソナルファブリケーション、メイカームーブメント
第3回ファッションとプロダクトデザインファッションとプロダクトデザインについて理解する。
 キーワード:ファッション、ファッションショー、プロダクトデザイン、アクセサリ、文房具、玩具
第4回デザインパターン都市や建築や空間のデザインと、デザインパターンについて理解する。
 キーワード:都市計画、パターンランゲージ、デザインパターン、サードプレイス、ショッピングモール
第5回ミュージアムとステージ展示や展覧会や空間演出について理解する。
 キーワード:ミュージアム、展覧会、スタジアム、ステージ、空間演出、コンサート
第6回ネットワークとアプリケーションネットワークサービスやアプリケーションのデザインについて理解する。
 キーワード:インターネット、ネットワークサービス、アプリケーション、シェア、フリー
第7回ワークショップとコミュニティワークショップデザインと社会問題を扱うデザインについて理解する。
 キーワード:ワークショップデザイン、コミュニティデザイン、ソーシャルデザイン、セキュリティ、
第8回デザインマネジメントとライフスタイルデザインの権利や、デザインによる経営や、ライフスタイルのデザインについて理解する。
 キーワード:デザインマネジメント、デザインプロセス、デザイン思考、イノベーション、サービスデザイン、ウェルビーイング
授業形式 毎回、講義と小課題による演習とをセットにした形式で行う。講義時間外に外部へ取材をするレポート課題を1回実施する。
成績評価方法・基準 期末試験は実施しない。
 8回の講義の内容は、段階的にステップを踏み理解を深めていくように構成されているため、8回全て出席することを前提とした評価を行う。
 毎回、出席者に講義時間内で小課題を課し、FS提出がされた場合に、講義課題点をつける。1回毎の配点を10点とする。
 毎回の講義課題点の他に、講義時間外に外部へ取材をするレポート課題を1回実施する。指定された締切からの遅延は認めない。配点を20点とする。
 講義課題点とレポート課題点のそれぞれの配点において、平常点を3割、内容点を7割とする。
 止むを得ない事情により欠席した場合は、欠席者のための課題を毎回デジキャンで提示するので、指定された方法と締切に従って提出すること。提出しない場合その回の講義課題点は0点とする。例えば、2回欠席して欠席者のための課題も提出しなかった場合は、残りが全て満点でも80点となり、最終的な成績が60点を超えるのは難しくなると考えられる。
 代返や出席チェックだけをして講義時間内に不在であったことが判明した場合は、協力者がいた場合は協力者も含めて、学則による処分に関わらず、本科目の評価は0点とし、その後の講義の受講も認めない。
テキスト(教科書)  使用しない。
参考文献 講義内で適宜指示する。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 期末試験は実施しない。追試験や追加課題も実施しない。
履修条件および学生へのメッセージ 履修条件は特になし。
 休講や補講の可能性がある。