デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】コンテンツ産業概論Ⅰ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 今日、日本文化をパッケージングし、海外へと売り込みを図る「クールジャパン」戦略が国策として実施され、世界中で注目を浴びている。
授業では、映画、アニメ、マンガ、ゲームといったコンテンツ業界を産業面から考察し、現状の業界の姿を提示する。日本はもちろん、世界中で生み出されるコンテンツは、どのような力を持っているのか。産業においてどれほどの可能性を秘めているのか。どのような仕組みでお金が流れているのか。
この理解がもたらす力は、あらゆるコンテンツと触れる際に、モノを創造し生み出せる力(創造力+ビジネス)である。その現場の中に自身が活躍する
場所をイメージすることが、未来の仕事をつくるきっかけとなり、日々の生活にも変化を生むはずである。
授業概要(教育目的) 授業を通じて身につけて欲しいことは、「コンテンツをマネジメントする」という自由な発想に裏付けされた現場知識の習得である。インターネットの普及がもたらしたメディアの融合により、ビジネスにおいてこれまでの定石は通じなくなった。変化の激しい今の時代に求められる能力は、既存の業界構造にとらわれることなくコンテンツを創りだす能力と、それを流通させる、使いこなす能力である。授業で提示したモデル図や職種は1つの事例になるが、そこに無かった新たな企画やサービスを創り出すことこそ、クールジャパンの姿であり、新たな商品、ビジネスを生み出す事を目的とする。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1 この授業を通じて習得するキーワード

コンテンツ産業の市場規模、ビジネスモデル、産業構造、業界地図

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

体系化された産業論 初級

キャリアデザインに必要な業界情報 初級
授業計画表
 
内容
第1回コンテンツとは
クリエイティブ産業とクールジャパン海賊版対策の現状と投資、コンテンツによる地域活性
第2回映画産業の市場規模、産業構造、ビジネスモデル
第3回アニメ産業の市場規模、産業構造、ビジネスモデル
第4回マンガ産業の市場規模、産業構造、ビジネスモデル
第5回ゲーム産業の市場規模、産業構造、ビジネスモデル
第6回音楽産業の市場規模、産業構造、ビジネスモデル
第7回放送産業の市場規模、産業構造、ビジネスモデル、WEB・モバイル産業の市場規模、産業構造、ビジネスモデル
第8回試験と授業
授業形式 本授業は、指定の教科書を用いて授業を行う。必ず授業開講前に指定教科書を購入し、本授業の受講すること。
成績評価方法・基準 最終試験を評価する。
単位付与条件として、下記をあげる。
※以下を全て満たさなければ単位は付与しないので、注意する事。
 
1、出席率 70%以上
2、課題の全提出
テキスト(教科書) コンテンツ産業論
高橋 光輝 (著)

販売方法については、本学の教科書販売の日に購入してください。
それが難しい場合は、ワークスオンラインストアが手数料がかからず、確実となります。

◎ワークスオンラインストア(送料無料)
https://www.wgn.co.jp/store/dat/8234/


Amazonからの購入については、
急に注文が入ると在庫が切れてしまう場合があります。

Amazon上のボーンデジタルストアであれば、在庫を持っています。
(送料324円)

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84%E7%94%A3%E6%A5%AD%E8%AB%96-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E5%85%89%E8%BC%9D/dp/4862462529/ref=aag_m_pw_dp?ie=UTF8&m=A1BPXKMHQKEXRW


一般書店では、店頭在庫がなくとも、注文をいただければ購入できます。
ISBNコードを書店に伝えていただくと、商品特定が確実に行なえます。
◯ISBNコード:978-4-86246-252-7
テキストISBN番号 ISBN-10: 4862462529
ISBN-13: 978-4862462527
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・提出方法  試験
・持込の可否  教科書、ノート、電子辞書の持込可能
・実施日   最終授業で実施
・追試験の実施  無し
履修条件および学生へのメッセージ 本授業は、指定の教科書を用いて授業を行う。必ず授業開講前に指定教科書を購入し、本授業の受講すること。教科書を用意しない物は受講を認めない。
教科書を持参しない学生は欠席扱いとする。

また、原則学生のパソコンの使用を禁止する。学生はノートを持参し、メモを取ること。授業内無断退出や遅刻は必ず教員の許可を取って参加すること。帽子の着用なども禁止する。

携帯やゲーム機、音楽を聴くなど授業と関係のない行為、あるいは授業を妨害する行為を行った学生は、即刻退出させ以降、本科目の授業履修を認めない。