デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 リーダーシップ論Ⅱ
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 基礎
科目分野名 セルフディベロップメント
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 成田修久教員

学習目標(到達目標) ■目指す学生個々の状態
①「リーダーシップとは何か」を理解する
②自分が「リーダーシップを発揮する習慣」を作る③Leadsership行動が自身の目標に貢献している感触を持てる

■目指すクラスの状態
結果、「個(自身の卒業後の目標)とクラス(仲間が目標に向かうこと)へ 建設的な影響が出る」
授業概要(教育目的) ・自らをリードする。
・周囲の人々をリードする。
・社会に影響・変化を及ぼすリーディングに夢が膨らむ。

これらが進むことを目的とします。

そのために、

①理解の促進
リーダーシップが自分自身と周囲の人々の業務遂行や生活に好ましい影響を及ぼすことができる」ということを理解し、

②行動による学習の促進
自らの身近な場面(例。プロジェクト推進、サークル活動、就職活動、学外での社会活動など)で、効果的なリーダーシップを発揮する意志と行動、及び内省による学習の習慣を研ぐ

ことを目的としています。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) リーダーシップ
マネジメント
コンピテンシー
行動特性
動機付け
コミュニケーション・・・

といったヒューマンソフト(対自己・対人・対グループ・対課題)能力
の理解と向上
授業計画表
 
内容
第1回講義テーマの成功事例を客観視する。VTRなどの事例を活用し、Discussionする。自身への取り込み。
第2回講義テーマの成功事例を客観しする。VTRなどの事例を活用し、Discussionする。自身への取り込み。
第3回目的志向とはどういうものか、体験学習する。上位目的の存在、「担当業務」focusに陥りやすい点、効果的コミュニケーションの有無が成果に左右することなどを理解する。
第4回前回体験の気付きについて話し合う。「今のクラス、自分の学ぶ姿勢と照らして、また、卒業後の仕事でどういうことか。」 強めたい考え方・増やしたほうが良い行動を見出す。この過程で効果的リーダーシップを発揮できているかもふりかえる。
第5回話し合いを活性化する、異見を引き出す、結論に収束する などMTGの手法について基本スキルを学ぶ。またフィードバックの概念とその意味合いも学ぶ。
第6回学外体験学習(合宿)実施予定                                テーマ:「挑戦」「達成」「支援」。成功要因・好事例から学び、結果、自信を強化する。
第7回「計画」立案のベースを学習すると同時に、これまでの学びを自分の計画に織り込む時間。チームコーチングメソッドを有効活用し、学びあう (*この講義と最終回の企画討議の時間は、13回目の講義実習=学外合宿に盛り込む選択肢もある)
第8回身に着けたリーダーシップを表現し、価値ある時間を自由創造する(企画・実施)
授業形式 ディスカッションと講義を織り交ぜながら授業を展開します。
参加型です。教わる<考えて学ぶスタンスでの受講を希望します。
成績評価方法・基準 ①学習姿勢*と伸長度合い
* クラスやグループへの熱意と貢献。自己成長意欲。積極生。
②出席 と 筆記試験の内容

ウエィトは、①と②を50%ずつで判断する。
テキスト(教科書) 都度、紹介します。
参考文献 リーダーシップ入門(日経文庫)
リーダーシップの旅(光文社)
MBAリーダーシップ(グロービス・マネジメント・インスティテュート)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 筆記試験を行います
日時:●月●日(●)●限


事情により受けられない場合はメールにて相談してください

【Mail】 nobu@iwnc.com


履修条件および学生へのメッセージ 自分はリーダーだと思う人、リーダーになりたい人、リーダーシップとは何かに興味がある人、自分を高めたい人、自分はリーダーに向いていないと思っている人・・・ 意見交換し、考え、調べながら、ともに成長を目指しましょう。 
関連本は多数ありますので、読みやすいものに触れておくといいですね。