デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 日本語文章表現Ⅳ【課】
(副題) ⅢⅣセット履修、【事前課題】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 基礎
科目分野名 セルフディベロップメント
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 高橋光輝教員

学習目標(到達目標) 論文の読み方・書き方について、学生自身が思考を深化させ、高度な議論を展開し、価値ある優れた論文を書くこと。
授業概要(教育目的) レポートや論文を「書く」という行為のシステム化。
卒論を想定し、テーマ決めから研究方法、その成果の伝達までを具現化させる。

映画、漫画、アニメ、ゲームなど日本のコンテンツについての論文を事例対象とし、授業でとりあげる。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 本授業で実践するスキルは、論文やレポートのみならず、社会に出てからも活用できるスキルであり、様々な媒体を通して、読み、書き、話し、聞き、観て、理解し、感じるための基本的なスキルである。
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回論文のレビュー論文の内容、方法論、評価を発表する
第2回論文の執筆①与えられたテーマを元に論文を執筆
第3回論文の執筆②与えられたテーマを元に論文を執筆
第4回論文のレビュー①執筆した論文のレビューを発表する
第5回論文のレビュー②執筆した論文のレビューを発表する
第6回最終課題論文のテーマ設定個別にそれぞれが執筆する論文のテーマ、課題、方法
第7回論文の執筆指導最終課題の論文執筆指導
第8回論文の発表と講評最終課題である論文を発表し、講評を行う
授業形式 履修者参加型のワークショップ形式で実施する。
各回の授業では、スキルの実例を紹介し、議論と発表を行う。
成績評価方法・基準 最終課題を評価する。
単位付与条件として、下記をあげる。
※以下を全て満たさなければ単位は付与しないので、注意する事。
 
1、出席率 70%以上
2、各回の授業課題全提出
期末試験の内容(提出方法・実施日) 最終課題となる論文の執筆。
授業最終日前日までにデッジキャンへアップし、授業内でレビューを行い、評価する。
追試験無し
再試験無し
履修条件および学生へのメッセージ 日本語文章表現Ⅲを履修していること。