デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 日本語文章表現基礎Ⅱ
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 1限
科目分類名 基礎
科目分野名 セルフディベロップメント
年次 1
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 新島尚子教員

学習目標(到達目標) 「日本語力を高め,より適切により深く伝えよう!!」 場に応じた適切な言葉遣い・表現力・発進力を身につけることを目指す。また、文部科学省後援の日本語母語者を対象とした『日本語検定』3~4級以上の認定を目標とする。(受検は必須)
授業概要(教育目的) 社会人として必要な日本語力や基礎的な知識を身につけることを目的とする。また,自分の見解をまとめ他者に伝える日本語コミュニケーション能力も養う。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 日本語を領域毎(敬語・文法・語彙・言葉の意味・表記・漢字)に理論説明,問題演習。また,話力向上のための演習も行う。
授業計画表
文章表現技術Ⅱ  
年月日(曜日)時限担当教員各回タイトル内容
第1回平成29年06月14日(水)1限新島尚子表記②
漢字⑧
間違えやすい送り仮名・平仮名表記。表記による言葉のイメージ変化。
第2回平成29年06月21日(水)1限新島尚子語彙①
漢字⑨
語と語の関係を知る。語彙を増やすことで文章表現力を伸ばす。
第3回平成29年06月28日(水)1限新島尚子語彙②
漢字⑩
同音異義語。同訓異字語。同音異字語。
第4回平成29年07月05日(水)1限新島尚子言葉の意味①
漢字⑪
「言葉に関する世論調査」による言葉の意味・使い方。
第5回平成29年07月12日(水)1限新島尚子言葉の意味②
漢字⑫
四字熟語・諺・慣用句など。誤った使い方。
第6回平成29年07月19日(水)1限新島尚子総合問題①
漢字⑬
状況に合わせた敬語の使い方・間違えやすい言葉遣い。
第7回平成29年07月26日(水)1限新島尚子総合問題②
漢字⑭
文章読解問題。
第8回平成29年08月02日(水)1限新島尚子模擬試験8月9日に実施する「日本語検定」にむけての摸擬試験。解答・解説。
授業形式 教科書に沿って解説と問題演習を行う。また,課題レポートも課して,知見を深めていく。
成績評価方法・基準 授業内テスト(30%)。検定得点率(50%)。授業への参加度(20%)の総合で評価する。
テキスト(教科書) 1Qと同じ『ステップアップ日本語講座 中級』を使用。適宜プリント配布。
参考文献 『日本語検定公式テキスト「日本語」中級』(東京書籍)
『日本語検定3級公式練習問題集3訂版』(東京書籍)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 「日本語検定」受検(実施日8月9日)
追試:別途対応
再試:なし
履修条件および学生へのメッセージ 日本語に対するさらなる関心を持ち,普段の生活の中で出会う多くの「言葉」に意識的に接していく姿勢を持つ。また「日本語検定4級」受検を必須とする。 (3級以上受検希望者は要相談)