デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 日本語文章表現基礎Ⅰ【セ】
(副題) ⅠⅡセット履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 1限
科目分類名 基礎
科目分野名 セルフディベロップメント
年次 1
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 新島尚子教員

学習目標(到達目標) 「日本語力を高め, より適切により深く伝えよう!」 日本語力向上による総合的な学力・理解力・思考力・文章力・対話力の充実を目指す。また, 1Q ・2Qを通して, 文部科学省後援の日本語母語者を対象とした『日本語検定』3~4級相当の日本語力を目標とする。
授業概要(教育目的) 社会人として必要な日本語の使い方や基本的な知識を身につけることを目的とする。知識だけではなく, 言葉の正確な使い方や読解力を身につけ, 日常生活において言葉に関心を持ち積極的に学ぶ姿勢を養う。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 「敬語」「文法」「語彙」「言葉の意味」「表記」「漢字」の6領域を中心に進める。理論説明から問題演習を通じ理解を深めていく。
授業計画表
文章表現基礎Ⅰ  
年月日(曜日)時限担当教員各回タイトル内容
第1回平成30年04月16日(月)1限新島尚子オリエンテーション
敬語①
漢字①
講義の目標,内容,進め方や社会人に必要な言葉の力を説明する。
第2回平成30年04月18日(水)1限新島尚子敬語②
漢字②
敬語の意義。分類・形式。尊敬表現・謙譲表現。また,教科書の販売も実施する。
第3回平成30年04月25日(水)1限新島尚子敬語③
漢字③
尊敬語・謙譲語の特別な形と用法
第4回平成30年05月02日(水)1限新島尚子敬語④
漢字④
名詞の敬意表現・状況に合わせた敬語の使い分け。
第5回平成30年05月09日(水)1限新島尚子文法①
漢字⑤
文法の仕組み。可能表現・使役表現。
第6回平成30年05月16日(水)1限新島尚子文法②
漢字⑥
敬語と可能表現・使役表現の組み合わせ。
第7回平成30年05月23日(水)1限新島尚子表記①
漢字⑦
平仮名表記の基本。送り仮名の決まり。四字熟語・諺・慣用句など。
第8回平成30年05月30日(水)1限新島尚子期末試験全時で学習した内容の習熟確認を中心とする。
授業形式 教科書に沿って解説と演習を行う。漢字プリントを毎回行い積み重ねていく。また, 課題レポートも課して, 知見を深めていく。
成績評価方法・基準 期末試験得点率(70%), 授業への参加度(30%)の総合で評価する。
テキスト(教科書) 『ステップアップ日本語講座 中級』(価格:648円)を第2回講義時に販売する。また同日に『日本語検定4級』団体特別試験申し込みも済ますこと。(4級受検料:1100円)
参考文献 『日本語検定公式テキスト「日本語」中級』(東京書籍)  
期末試験の内容(提出方法・実施日) 授業内容に準ずる筆記試験。(実施日5月30日)           
追試:別途対応
再試:なし
履修条件および学生へのメッセージ ■初回講義は, 4月16日(月)1限に実施する。2回目(4月18日)以降は水曜日1限に実施。 
「言葉」は,「伝達の道具」だけではなく,「認識」「思考」「表現」の手段でもあります。「言葉の力ー日本語の力」を高めることにより, 新しい時代の文化の担い手となるべく文章表現力を身につけましょう。

※受講対象者は事務局から別途連絡あり。