デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ユニバーサルデザイン
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名 基礎
科目分野名 概論
年次 2~3
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 榊原直樹教員

学習目標(到達目標) ・ユニバーサルデザインの基本を理解する。
・人間の多様な特性を知る。
・ウェブアクセシビリティについて理解し、実際の制作に応用できる。
授業概要(教育目的) より多くの人に使いやすい製品・サービスを作ることを目指す「ユニバーサルデザイン」の考え方と、ウェブやソフトウェアなどのインタラクティブシステムを中心に、ユニバーサルデザインを実現するための具体的な手法について学ぶ。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) キーワード:
ユニバーサルデザイン、アクセシビリティ、ユーザビリティ、人間中心設計、JIS X 8341

スキルとそのレベル:
 ユニバーサルデザインに関する知識 中級
 アクセシビリティ評価 上級
 
授業計画表
ユニバーサルデザイン  
担当教員各回タイトル内容
第1回榊原直樹ユニバーサルデザインユニバーサルデザイン(以降UD)の概念について、事例を元に解説する。
第2回榊原直樹高齢者・障害者疑似体験(1)疑似体験を通じて、高齢者・障害者の感じる不便さについて知り、どのような問題点があるかを理解する。
第3回榊原直樹高齢者・障害者疑似体験(2)疑似体験を通じて、高齢者・障害者の感じる不便さについて知り、どのような問題点があるかを理解する。
第4回榊原直樹Webアクセシビリティ入門(1)画面読み上げソフト(スクリーンリーダー)を試用し、視覚障害者がどのようにウェブを利用しているかを体験する。
第5回榊原直樹Webアクセシビリティ入門(2)JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツの解説
第6回榊原直樹Webアクセシビリティ入門(3)JIS X 8341-3:2016に対応する実装方法に付いて解説する
第7回榊原直樹アクセシビリティ試験方法(1)ウェブコンテンツがJIS X 8341-3:2016に準拠しているかを確認する試験方法について解説する。
第8回榊原直樹アクセシビリティ試験方法(2)ウェブコンテンツがJIS X 8341-3:2016に準拠しているかを確認する試験方法について解説する。
授業形式 講義とワークショップを半々ずつ行う。
はじめに、ユニバーサルデザインの概念について解説し、その後、疑似体験などのワークショップを通じて、ウェブアクセシビリティの実装や試験の方法について学ぶ。
成績評価方法・基準 授業中に課す小テスト(複数回) 70%
授業後に課す最終レポート(1回)  30%

レポートはデジキャンで提出すること。メール等その他の手段での提出は認めない。
参考文献 ・JIS X 8341シリーズ(http://www.jisc.go.jp/app/jis/general/GnrJISSearch.html から「X 8341」で検索するとオンラインで閲覧可能)

以下は図書館に収蔵済み
・「市民にやさしい自治体ウェブサイト」~構築から運用まで~/NTT出版 ISBN:4-7571-0170-8
・「ここから始めるWebアクセシビリティ 誰もが使いやすいホームページの作り方」/ (株)ぎょうせい ISBN-324-07124-1
・「情報アクセシビリティ やさしい情報社会へ向けて」/ NTT出版 ISBN4-7571-0151-1
・「情報アクセシビリティとユニバーサルデザイン」/ アスキー  ISBN4-7561-4265-6
・「アクセシブル・テクノロジ ITと障害者が変えるビジネスシーン」/ 日経BPソフトプレス ISBN4-89100-333-2 
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  レポート
・試験内容  講義時に指示
・提出方法  デジキャンで担当教員に送信
履修条件および学生へのメッセージ ・講義内でPCを使用するので、各自用意すること。
・後半はウェブアクセシビリティについて取り上げるので、必須ではないがHTML/CSSの基礎的な知識があることが望ましい。
授業用E-mail sakaki@dhw.ac.jp