デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 Officeリテラシー【G1】
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 2限
科目分類名 基礎
科目分野名 セルフディベロップメント
年次 1
必修/選択 必修

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 稲葉知子教員

学習目標(到達目標) 課題や目的に応じて情報を精査し的確に発信伝達ができる能力を育てる。
プレゼンテーションソフト、ワードプロセッサーソフト、表計算ソフトの基本的な操作ができ、広く役立てる技術を身につける
授業概要(教育目的) Microsoft offcieのwordを使用し制作、研究活動の論文に役立つ文書作り
Microsoft offcieのpower pointを使用し、資料を的確に相手に伝えることができるプレゼンテーション資料を作る
Microsoft offcieのexcelを使用し、簡単な計算処理、レイアウトなどの効率的な使用方法を取得する。
また、使用する教材にはメールの書き方などを題材とし、情報リテラシーとして役立つ知識も身に着ける
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
コンピュータリテラシー
コンピュータ基礎知識
ウィンドウズ基礎知識
オフィスソフト基礎及び活用
2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
コンピュータ基礎知識 上級
オフィスソフト(word・excel・powerpoint) 中級
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回PCの基本操作
word2016 実習1
・ファイルの管理、知っておくと便利な機能
・wordで論文作成するための基礎
第2回word2016 実習2・wordで論文、研究発表を作るポイント
第3回word2016 実習3・wordで論文、研究発表を作るポイント
・グラフの使い分け
・効果的な色使い
第4回powerpoint2016 実習1
基本編
・説得力を増す資料作りとは
・基礎操作
・画面遷移
第5回powerpoint2016 実習2
動きのあるプレゼンテーション資料
・説得力を増す資料作り
・図形描画
・アニメーション
第6回powerpoint2016 実習3
プレゼンテーションの際の便利な機能
・説得力を増す資料作り
・グラフの使い分け
・印刷
第7回excel2016 実習1
・簡単な表計算と計算以外で使うExcel
第8回excel2016 実習2とまとめ・Excelの補足
・全体の復習
授業形式 コンピュータ演習
必ずパソコンを持参してください。
成績評価方法・基準 出席率70%以上
期末試験 80%
平常点20%
期末試験の内容(提出方法・実施日) 【本試験】
・試験の方法(PCでの課題提出)
・受験条件(有 Microsoft officeを使用すること)
・試験実施日 講義 9回目に実施
・内容(授業内容に基づくデータ制作、デジキャンにてデータアップ)
・持込物の制限(PC以外の持ち込み不可)

【追試験】
■公欠の場合のみ追試期間中に追試を認める
・試験の方法(PCでの課題提出)
・受験条件(有 Microsoft officeを使用すること)
・内容(授業内容に基づくデータ制作、デジキャンにてデータアップ)
・持込物の制限(PC以外の持ち込み不可)
履修条件および学生へのメッセージ ・授業中の私語や立ち歩きは厳禁
・授業中に他教科の制作を行う者は退出させる
・授業中、PCにてチャットや株取引を行うなどの重大な規約違反を行った者は即時退出
・授業中のヘッドフォン着用禁止
・PCは毎回持参すること
・授業のベースはwindows10 office2016日本語版にて行う。
・mac OSでのフォローも授業中にします。
・違うバージョンのoffcieの場合インターフェイスが違ったり、同じ工程が行えないことがあります。(初回授業で確認します。)